#author("2021-01-12T21:01:25+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-01-28T20:51:30+09:00","default:pop hok","pop hok")
*社会の性格を規定づける要因 [#db4783c0]
社会は固定不変のものでなく変化し発展します。発展の段階が異なる様々な形態の社会はその性格によって特徴も異なります。

不滅のチュチェ思想は人間本位で社会の性格を規定付ける要因について解明しています。それは国家政権の所有関係と生産手段の所有形態によって社会の性格が決まるという事です。

社会の性格を規定付けるこの2つの要因は同じ地位を占めるものではありません。生産手段の所有形態はあくまでも国家政権の承認と保障が無ければ、社会の支配的な経済関係として維持され強固になる事は出来ません。

国家政権の所有関係が変われば生産手段の所有形態も変わります。これは社会の性格を規定付ける上で基本は国家政権の所有関係である事を示しています。

朝鮮では人民大衆が国家政権の主人となっています。人民大衆が国家と社会の主人としての権利を十分行使出来る選挙制度を見てもそれがよく分かります。朝鮮人民にとって各級人民会議代議員選挙は国家政権を自分の意思と要求に即して更に固める為の事となっています。朝鮮人民は選挙を通じて自分の自主的要求と利益を徹底的に代弁出来る真の代表を政権機関の代議員に選出します。

チュチェ108年(2019)に選挙された朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議第14期代議員の構成を見ますと、労働者16.2%、協同農場員9.6%、軍人17.2%、女性17.6%です。国家政権の主人が人民大衆であるだけに生産手段の全人民的所有と共同的所有が経済的基礎を成しており、共同的所有は全人民的所有に転換されつつあります。

このように朝鮮で人民大衆は国家政権と生産手段の主人となって真の自由と権利を思う存分行使し、主人としての責任と役割りを果たしています。

朝鮮の社会主義はこのように人民大衆があらゆるものの主人となり、全てが人民大衆に奉仕する人民大衆中心の社会主義です。

(政策)

RIGHT:'''2021.01.11 サイト音声の聞き書き'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(政策 2021.01.11)
//(210111 サイト音声の聞き書き)
//210127_社会の性格を規定づける要因

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS