#author("2021-03-30T22:44:54+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-04-04T18:05:54+09:00","default:pop hok","pop hok")
*短編小説「愛情の海」(5) [#o435f4a6]
夜、深い夜でした。

森羅万象が夢を見ている深い夜。

チェ・ソンリョンはヨンチュンを背負って育児院から帰って来る道でした。もう三回目の歩みでした。ソンリョンにおんぶしたヨンチュンはいびきをかきながらぐっすり眠っていました。

家々の窓に灯りが消え、街路灯も眠っている深い夜。

でも、党中央委員会のある部屋では金正恩総書記がピョンヤン育児院と愛育院、治療病棟の建築予想案に目をやり、建築家の説明を注意深く聞いていました。

キム・ウクは建設を手配する人たちと施工を受け持つ人民軍部隊の指揮官たちと共に、前に展示した目がまぶしいほどの予想案を眺めていました。

建築家は予想案の詳細を情熱を傾けて説明していました。

「私たちは総書記が教えたように育児院と愛育院、治療病棟を集中させる原則で、二つの建築予想案を作成しました。一番目の予想案は、建築の生活機能面での合理性と構造面での合理性、思想芸術面を建築の使命に合うよう生かすために、育児院と愛育院、治療病棟を一つの固まりにしたものです。そして二番目の案は子供の特性に合わせて便利なように、美学の面でも申し分なく、反復を避ける原則で、育児院と愛育院、治療病棟をこのように一定間隔を置いて別々の建物にしたものです。それは視覚的に見て、それぞれの建物の機能と使命がはっきりわかるようにするためです」

キム・ウクはテドン川のほとりの柳の中に立派に建てられる一番目の案と、まるで柳の中でどれがもっと素晴しいか争っているかのように見事な佇まいを自慢するこじんまりとした二番目の案に気を奪われていました。

両方とも自分なりの特性があり、今まで見たことのない素晴しい建物でした。

ふとキム・ウクの頭の中にこの前、現地指導を終えて帰る途中、金正恩総書記が子供の家の用地を見てみようといったときのことが思い浮かびました。

その日、人民軍部隊の指揮部で夜間戦術訓練を指導し、真夜中にピョンヤンに帰って来た総書記は、「善は急げと言うが、この足で愛育院の用地に行って見ましょう。そうすればそこの地形に合うよう建築予想案も作れるでしょう」と言いました。

キム・ウクはびっくりしました。時計はもう午前3時を指していたからでした。

「夜通し遠い道を走って来たので少しでも休んでほしいです。もう3時になりました。すぐ夜が明けます」

キム・ウクがねんごろに言うと総書記は明るい顔で言いました。

「子供たちのためのことだから早く行って見ましょう。ちょうどよい所があるから」

総書記は自らハンドルを取ってオクリュ橋を渡り、ヘルスセンターのリュギョンウォンと野外スケート場、青年中央会館の合間を縫ってつり橋の方に向かいました。

そしてしばらく上がった所で車を止めてテドン川のほとりに目をやり、やがて車から降りました。

「あそこです」

土手に上がってあちこちを見回していた総書記はクムスサン太陽宮殿の方を眺めました。朝焼けのように明るいクムスサン太陽宮殿の方を眺めていたキム・ウクはいきなり熱いものがこみ上げてきました。総書記がどうして育児院と愛育院をここに建設しようとするのか、その高い意志と熱い愛情が胸を強く打ったのでした。

誰よりも子供を愛していた金日成主席と金正日総書記が、何羨むものなく元気に育っている子供たちをいつも見て喜ぶようにと、そして子供たちがいつも永遠の太陽である金日成主席と金正日総書記を仰ぎながら国の担い手に育つようにと、このように建設用地をクムスサン太陽宮殿の近くに決めたのだろう。

ここからはテソン山革命烈士陵も一目に見渡される。

国の未来をあれほど愛していた抗日の女性英雄金正淑女史が育児院と愛育院で明るく笑いながら遊んでいる子供たちを見るならどんなに喜ぶだろう・・・

「キム・ウクさん!」と総書記が呼ぶ声にはっとして我に返ったキム・ウクは姿勢を正しました。

「はい!」&br;
「なぜそんなに笑っていますか」&br;
「え?」

キム・ウクは周りの人たちがにこにこ笑うのを見て、自分の考えに耽っていたことに気付き、照れくさそうな顔をしました。

「ええ、子供たちがどんなに幸せだろうと思っていたところです」&br;
「ははは、家も建てる前にそんなことを考えていたんですか。キム・ウクさん、そのようになるためには私たち活動家が一生懸命働かなければなりません。そこでキム・ウクさんはどの案がもっと気に入りますか」&br;
「私は二番目の案がもっと良いと思います。柳の中に別々に離れているのであたかも子供たちが隠れん坊をしているように見えます」&br;
「隠れん坊?ははは、すると別々にある治療病棟が完全に隠れてしまったらどうしますか」

冗談まじりに言う総書記の言葉にみな楽しそうに笑いました。

慌てたキム・ウクは目をしばたたいているだけでした。

「皆さんも知っていることですが、私たちが終始一貫主張するのは、どこまでも利便性、美学の面、次の世代を思う思想を建築に徹底させることです。ところがこの予想案を見ますと、一番目は利便性はあっても、美学の面では二番目より落ちています。個性がありません。その代わり二番目は利便性が一番目より落ちています。利便性が建築の実用的内容を特徴付けるなら、美学は思想的・芸術的機能を特徴付けると言えます。私たちが建てる育児院と愛育院にはこのような理想的な要求が具現されるべきです。しかし、いまのところ、この二つの案にはそれが完璧に具現されているとは言えません。ただ今実用性について言いましたが、私はこの二番目の予想案で三つの建物を一定間隔を置いて別々に形成したのが気に入りません。建築の間の距離があまり遠いです。もともと私はこの距離を減らすためにそれぞれ他の区域にあった愛育院と育児院をひとところに集めようとしました。私は育児院と愛育院、治療病棟をそれぞれ独自性のある一つの固まりに考えたいです。それはなぜでしょう」

総書記はしばらくの間、無言のままでした。周りの人たちは緊張した面持ちで総書記を見つめました。

予想案に見入っていた総書記は、また話を続けました。

「それは子供たちに最高の便利を保障するためです。そのためにはまずこの治療病棟を育児院と愛育院の真ん中に建てなければなりません。治療病棟なのでこのように別々にしたそうですが、そうなると今、話したように子供の中で何か突発的な事故が起きた場合、最大限早いうちに応急手当てをすることができません。この三つの建物を一つの固まりにし、その中心に治療病棟を建てるべきです。三つの建物は廊下で連結すべきです。そうなれば子供の健康を見守っている治療病棟が一方は愛育院を、もう一方は育児院を抱いた母のように見えるでしょう」

周りの人たちはわれ知らず歓喜の思いに浸りました。そして驚きを禁じ得ませんでした。キム・ウクも深い感動を覚えました。

「このように育児院と愛育院を並べて建てれば子供たちが喜ぶだろうと思います。だいたい子供たちは育児院を経て愛育院に上がるでしょうが、その子たちにも育児院の時に親しくなった友達や弟がいるでしょう。血縁関係にあるものがあまり多くないその子たちは親しくなった友達や弟をかなり懐かしむことでしょう。そして懐かしい友達に何かやりた い物もあるだろうし・・・そんな時には決まって保母や先生たちがその子たちの配達がかりになることもありうるでしょう」

ああ!

キム・ウクは自分も知らずに驚嘆の声が出るのをやっとのことで押さえました。

ふとチェ・ソンリョンが言ったことが思い浮かびました。

そのヨンチュンという五歳の子の話でした。

「何日かしてまた逃げましたよ。夜遅くなって地下鉄の駅前で探し出しましたが、またおやつ袋を抱きしめているではありませんか。それを見るとなぜあんなに心配させるんだろうと、もどかしさのあまり涙が出ました。私は子供の前だというのも思わず泣きました。私があまりにもどかしがっていたのか、ヨンチュンはとうとう泣かんばかりになって言うのでした。育児院にいる弟の所へ行こうとしたって、愛育院でくれるおやつが食べてもあまるから、弟のことが思い出されて、食べ残したおやつを集めて、弟にやろうとしたとのことでした。私はまた涙が出ました。我知らずヨンチュンを抱きしめてこう言いました。育児院でも毎日おやつをくれるということをヨンチュンも知っているでしょう、弟のことは心配しないでたくさん食べなさいって、しかし、ヨンチュンはぽろぽろと涙を流すだけで、私の言うことを聞こうとしませんでした。おやつもおやつでしたが弟が見たかったでしょう。仕方なくヨンチュンを背負ってテソン区域にある育児院に行き、弟に会わせました。ほんと、肉親の情と言うのは・・・」

そのソンリョンが育児院と愛育院をこのように並べて建てるということを知ったらどんなに喜ぶだろう、そしてそのヨンチュンという子供のように弟が見たければすぐ見に行くこともできるし・・・

もしかして総書記はそのことまでみな知っているのでは?

本当に驚かざるを得ないことでした。ソンリョンからその話を聞いた自分も総書記のように建設を子供の生活と結びつけて考えなかったのに・・・

キム・ウクは顔がぱっと火照るのを感じました。

総書記は予想案を指して話を続けました。

「予想案をちょっと直しましょう。この三つの建物を一つに集めたいのですが、それなら個々の建物がそれぞれ自分の個性をはっきり生かすようにするのが重要です。そのためには正門を立派につくらなければなりません。正門はその建物の顔だとも言えます。正門を育児院と愛育院の性格がはっきり表れるようにするためには、子供の年齢的特性に合うようおとぎ話の感じが強く表れるようにすべきです。窓も同じです。依然として伝統的な方法の四角形にしないで、外部から見ると半月に見えるようにしましょう。子供たちがその月の中で月桂樹とウサギが住んでいるという童話が想像できるように面白く造りましょう。育児院と愛育院、治療病棟が一つに連結されるので育児院と愛育院には廊下を回廊に造り、回廊の外には庭を造りましょう。庭は天然の岩、松の木、芝生で形作り、オオタカと熊、鹿、蝶などの彫刻を実物そっくりに作れば子供たちが喜ぶでしょう。回廊の壁はまるごと透明なガラス張りにして庭がはっきり見えるようにしましょう。回廊から2階に上がる階段は螺旋状にするが傾斜を緩やかにし、いたずらざかりの子供たちが怪我しないようにステンレス鋼で柔らかくバンドを付ければ安全の面でも、美学の面でも結構だと思います」

何と偉大な方だろう、総書記を称えるにはこの偉大だという言葉では足りない、総書記に惹き付けられるこの思いを表すには魅惑という言葉でも足りない。

偉大な方、細心な方、熱い心の持ち主、博識な方、このように優しく、すべての部門を最高の水準でマスターした方はこの世にまたといないだろう。

キム・ウクの目の前に、先日、総書記がピョンヤン愛育院を訪れた時のことが映画のように浮かびました。

喜びのあまり「お父さん!」と呼び、駆けつけてきて抱きついた子供たち、明るく笑いながら子供たちを抱いて頬を軽く叩いたり、頭を撫でたり、チュチュしたりしながら愛撫していた総書記・・・

子供たちは総書記の前で明るく元気いっぱいに歌を歌いました。

「最後に言いたいことは建築家が線一つ、点一つにも次の世代、未来を思う労働党の思想がそのまま込められるようにすることです。早く建ててあげましょう。党創立記念日までピョンヤン育児院と愛育院を最高の水準で完工して子供たちに上げようと言うのが労働党の揺るぎない決心で、意志です」

どっと拍手が起こりました。

キム・ウクも、建築家も、人民軍の指揮官も熱い思いで目を潤ませていました。

(文芸作品―その他)

RIGHT:'''2021.03.29の記事'''
----
-[[短編小説「愛情の海」(1)]]
-[[短編小説「愛情の海」(2)]]
-[[短編小説「愛情の海」(3)]]
-[[短編小説「愛情の海」(4)]]
-[[短編小説「愛情の海」(5)]]
-[[短編小説「愛情の海」(6)]]
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(文芸作品―その他 2021.03.29 ※音声あり)
//愛情の海05_210329_re

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS