#author("2021-03-30T22:43:00+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-04-04T18:05:44+09:00","default:pop hok","pop hok")
*短編小説「愛情の海」(4) [#n1c30467]
走っている車の中でまた愛育院の子供たちの写真を一枚一枚見ていた金正恩総書記はその中の何枚かの写真を選び出しました。

そしてその中からまた一枚の写真を選んで、「この愛育院のことですが・・・」とキム・ウクに話をかけました。

キム・ウクが見るとそれはチェ・ソンリョンが院長を務める愛育院を撮った写真でした。

「?!」

総書記は左手で愛育院の建物を指しながら聞きました。

「ちょっとみすぼらしい感じがするんじゃありませんか」

熱いものがこみ上げてきて、キム・ウクはためらいがちに答えました。

「ちょっと粗末に見えるのは確かです。もともとある機関が使っていた建物を改築したので外はそのように見えますが、中はきれいで生活状態もそれ位なら・・・」&br;
「建物はみすぼらしいけど生活はまあまあ、ということですね」

総書記はまた他の写真を見ました。そうして見ると選んだ写真はいずれも育児院と愛育院、学院と老人ホームの全景を撮った写真でした。

「いずれも似たりよったりだね、この育児院と愛育院は子供が住む家なのに全然そのような感じがしません。どれ一つ気に入るものもないし・・・どうしても建物から育児院と愛育院らしく立派に建てなければなりません」&br;
「ええ?!」

キム・ウクは驚いた目で総書記を眺めました。しばらく前に子供たちに魚を専門的に供給する水産事業所を一つ大きく建設することを発案し、その課題を人民軍に与えた総書記でした。ところが今はまた子供たちの住処を立派に建てようと言っているのでした。率直なことを言って、今、チョンチョン川階段式発電所の建設、セポ地区畜産施設の建設など国レベルの建設がいたるところで行われていました。

「ただ今、建物は粗末でも生活はそれぐらいなら大丈夫だと言いましたが・・・建物も最高のものでなければなりません。国の王様である子供の家ではありませんか。それぐらいなら生活が大丈夫だと言う言葉も気に入りません。わが子に注ぐ父と母の愛情には、それ位なら結構だという限界はありえません。しかも親の愛情を知らない子供たちなのでなおさらです。その子たちは必ずこの世で一番幸せな子供にならなければなりません。将来、その中から英雄も、軍人も博士も、有名な俳優、スポーツ選手も出なければなりません。家を建ててあげましょう。まずピョンヤンの育児院と愛育院から建てましょう。あなたが建築家たちとよく相談して、今後、育児院と愛育院がある他の道と市でもそのように建てるようモデルとなる設計を作ってみなさい」

「わかりました」

キム・ウクは心の中から溶岩のように熱い物がぐらぐら湧き上がるのを感じながら力を込めて答えました。

それから数日経ったある日、金正恩総書記はピョンヤン市モランボン区域のインフンと言う町の路地を遠回りして、低層アパート群に囲まれているピョンヤン愛育院を訪れました。

その日は次の世代、未来を重んじる金正恩総書記の偉大な思想のシンボルとして朝鮮労働党の歴史に刻まれています。

この日、金正恩総書記は愛育院の隅々まで詳しく見て、離れる前に子供たちに景色のよいテドン川の辺におとぎ話に出てくる宮殿よりもっと素晴しい愛育院を建ててあげる、と、愛情のこもる約束を残しました。

(文芸作品―その他)

RIGHT:'''2021.03.24の記事'''
----
-[[短編小説「愛情の海」(1)]]
-[[短編小説「愛情の海」(2)]]
-[[短編小説「愛情の海」(3)]]
-[[短編小説「愛情の海」(4)]]
-[[短編小説「愛情の海」(5)]]
-[[短編小説「愛情の海」(6)]]
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(文芸作品―その他 2021.03.24 ※音声あり)
//愛情の海04_210324_re

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS