#author("2020-03-19T19:59:48+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2020-03-30T17:12:46+09:00","default:pop hok","pop hok")
*甲午農民戦争 [#p95be56b]
//(観光 2018.03.20)
朝鮮封建王朝時代の1894年、全国規模で農民戦争が起きました。1894年の甲午の年に起きたことから、''甲午農民戦争''と呼びます。

''社会科学院歴史研究所''の研究室主任、博士、助教授''ウィ・グァンナム''さんのお話です。
>「甲午農民戦争の指揮者は''チョン・ボンジュン''でした。1894年、チョンラ道のコブ地方の農民は、貯水池からの灌漑用水に対する不当な税金徴収に反発して、暴動を起こしました。暴動参加者は、チョン・ボンジュンの指揮の下、封建政府軍の攻撃を退け、勢力圏を広めました。チョン・ボンジュンは、『輔国安民』、『悪政撤廃』の檄を飛ばして、国中の農民が戦いに加わることを呼びかけました。こうして、コブ農民暴動は全国的な農民戦争に拡大しました」

チョン・ボンジュンの指揮の下、農民軍はチョンラ道の道都チョンジュにまで進出して、官軍を打ち破り、大勝利を収めました。農民軍の進出に切羽詰った封建支配層は、チョンジュで、農民軍と和議を結び、12ヵ条からなる要求を受け入れました。こうして、農民戦争は一応幕を下しました。

その後、日本侵略者の武力干渉がさらに表面化し、国が存亡の危機に瀕すると、農民軍は又もや戦いに決起しました。農民軍の主力は、日本侵略軍が駐屯していたコンジュを攻撃しました。

20日間近くの戦闘は苛烈を極めました。農民軍は、雨あられと飛んでくる敵弾を突いて、命がけで戦いました。コンジュ激戦を前後して、農民軍は国の至る所で日本侵略軍に痛撃を与えました。

ところが、日本侵略者に屈した封建支配層の売国行為によって、農民軍は危険に晒されました。その上、裏切り者の密告によって、チョン・ボンジュンは敵軍に逮捕され、結局、農民軍は解散しました。

甲午農民戦争は、正しい戦略戦術と統一的な指導なしには戦いに勝つことが出来ないという教訓を残し、その後の反封建反侵略闘争の発展に大きな影響を及ぼしました。

(観光)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180202029_001.jpg,wrap,84x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180202029_002.jpg,wrap,200x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2018年の記事'''
#br
----
//*甲午農民戦争2
//(観光 2019.03.20)
''甲午農民戦争''は、1894年の甲午の年に起きた全国規模の農民戦争でした。

''社会科学院歴史研究所''の研究者''チョン・ウンミョン''さんのお話です。
>「甲午農民戦争は、封建支配層と外来侵略勢力に対する反封建、反侵略の大衆挙げての戦いでした。戦いには農民だけでなく、各階層の人民、愛国的なリャンバンと儒者、地方官庁の下級役人、官軍の兵士も数多く参加しました。甲午農民戦争は、朝鮮の歴史にまれな大規模な農民戦争で、朝鮮人民の熱烈な愛国精神と強い気概、勇敢さと犠牲精神、民族の団結力を示しました」

1894年2月、''チョン・ボンジュン''の指揮の下にチョンラ道のコブ地方の農民は灌漑用水に対する不当な税金徴収に反発して暴動を起こしましたが、これは全国を揺さぶる大規模な農民戦争に拡大しました。隊伍を整った農民軍は、チョンラ道の道都チョンジュにまで進出して、官軍を打ち破り、大勝利を収めました。

農民軍の進出に切羽詰った封建支配層は、チョンジュで、農民軍と和議を結び、12ヵ条からなる要求を受け入れました。こうして、農民戦争は一応幕切れとなりました。その後、日本侵略者の武力干渉がさらに表面化し、国が存亡の危機に瀕すると、農民軍は又もや戦いに決起しました。

農民軍の主力は、日本侵略軍が駐屯していたコンジュを攻撃しました。20日間近くの戦闘は苛烈を極めました。農民軍は、雨あられと飛んでくる敵弾を突いて、命がけで戦いました。コンジュ激戦を前後して、農民軍は国の至る所で日本侵略軍に痛撃を与えました。

ところが、日本侵略者に屈した封建支配層の売国行為によって、農民軍は危険に晒されました。その上、裏切り者の密告によって、チョン・ボンジュンは敵軍に逮捕され、結局、農民軍は解散しました。

甲午農民戦争は、正しい戦略戦術と統一的な指導なしには戦いに勝つことが出来ないという教訓を残し、その後の反封建、反侵略闘争の発展に大きな影響を及ぼしました。

(観光)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE190212024_002.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE190212024_007.jpg,wrap,78x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2019年の記事'''
#br
----
//*甲午農民戦争3
//(観光 2020.03.18)
''甲午農民戦争''は甲午の年の1894年、封建支配層と日本侵略者に反対して展開された朝鮮人民の反封建及び反侵略のたたかいでした。

''チョン・ボンジュン''の指揮の下、貯水池からの灌漑用水に対する不当な税金徴収に反発して起こったチョンラ道の農民の暴動はだんだん、封建支配層の悪政に反対する全国的な規模の農民戦争に拡大しました。

農民軍の鎮圧が不可能になると封建支配層は、自分の階級的支配を維持するため外国に出兵を求める一方、農民軍に和議を提案しました。この外国軍の朝鮮出兵は日本の朝鮮侵略の口実に利用されました。

''社会科学院歴史研究所''の研究室主任、博士、助教授''ウィ・グァンナム''さんのお話です。
>「日本侵略者は朝鮮に住んでいる日本人を『保護』するという美名の下に、多くの侵略武力を朝鮮に進入させました。外部勢力の武力干渉を防ぎ、国を危機から救うために農民軍は12ヶ条からなる弊政改革案を封建支配層に受け入れさせ、その結果、6月11日、チョンジュで和議が成立しました。しかし、日本侵略者が朝鮮の王宮まで襲撃して無能な封建支配層を屈服させ、朝鮮に対する横暴な侵略行為を続けると、農民軍は又もやたたかいに決起しました。この農民戦争には農民だけでなく、各階層の人民、ひいては一部の愛国的な官僚と儒者、官軍の兵士も参加しました」

農民軍の主力は、日本侵略軍が駐屯していたコンジュを攻撃しました。20日間近くのこの戦闘で農民軍は猛烈な敵弾を突いて勇敢に戦いました。コンジュ戦闘を前後して農民軍の他の部隊は、至る所で日本侵略軍への攻撃を続けました。

しかし、相次ぐ苛烈な戦いで莫大な損をした農民軍は、それ以上積極的な闘争を展開することができませんでした。その上、新しい戦いを準備していた総指揮のチョン・ボンジュンが裏切り者の密告によって敵軍に逮捕され、結局、甲午農民戦争は失敗に終わりました。

甲午農民戦争は正しい戦略戦術と統一的な指導なしには戦いに勝つことができないという教訓を歴史に残しました。しかし、甲午農民戦争は朝鮮人民の熱烈な愛国の精神と強い気概を誇示し、その後の反封建及び反侵略闘争の発展に大きな影響を及ぼしました。

(観光)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200212031_001.jpg,wrap,76x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200212031_002.jpg,wrap,167x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200212031_003.jpg,wrap,212x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2020年の記事'''
LEFT:[[1894年の農民戦争]]、[[甲午改革]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//180321_甲午農民戦争
//180331_甲午農民戦争
//190407_甲午農民戦争2
//200329_甲午農民戦争3

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS