#author("2021-03-01T22:08:33+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-08-30T19:56:08+09:00","default:pop hok","pop hok")
*特大の国権強奪行為 [#a65e9ef8]
この写真は1910年8月22日、日本帝国主義者が捏造した「''韓日併合条約''」の文書です。

日帝はすでに1905年に「''乙巳5条約''」を、1907年に「''丁未7条約''」を捏造し、朝鮮封建王朝の外交権と内政権を奪い取りました。これを踏まえて朝鮮占領を完全に「合法化」するために捏造したのが「韓日併合条約」です。

日帝はソウル一帯に2600人あまりの兵力と300頭あまりの軍馬を集結させ、軍艦による「威嚇示威」を行うなど戒厳状態を敷く一方、朝鮮の大臣たちを恐喝して8ヶ条からなる「韓日併合条約」を捏造しました。

「条約」は、朝鮮の統治権を永遠に日本王に譲渡し、朝鮮を日本に「併合」するとなっています。「韓日併合条約」の捏造により、名ばかりで存在していた朝鮮と言う国家実体が完全に消え去りました。

この「条約」は国際条約としての初歩の要求も守っていない偽りの文書で、何の法的効力も持てないものでした。朝鮮封建王朝の最後の皇帝だった''スンジョン''は、1926年4月に亡くなる直前に、宮内大臣の''チョ・ジョング''に残した遺言で、「併合承認は強隣(日帝を指す)が逆臣一堂(''リ・ワンヨン''を始め親日売国奴を指す)と共に勝手につくって勝手に宣言したもの」だと述べました。

日帝による「韓日併合条約」の捏造は、特大の国権強奪行為で、歴史に空前絶後のものです。

朝鮮人民は歳月が流れても民族受難の歴史を絶対忘れず、日本の過去の罪を必ず計算するでしょう。

(時事評論)

#ref(ike200713050_001.jpg,wrap,188x120)

RIGHT:'''2020年の記事'''
#br
LEFT:[[不平等で侵略的な「韓日議定書」]]、[[不法極まりない詐欺文書「韓日併合条約」]]、[[日本帝国主義者が強制した「韓日議定書」]]、[[「韓日議定書」は侵略文書]]、[[「韓日併合条約」の捏造 >韓日併合条約の捏造]]、[[歴史に例のない「条約」の捏造]]、[[強盗さながらの侵略的書類]]、[[「武断政治」の変種―「文化政治」]]、[[数字から見る日本の過去の罪]]、[[数字は告発する]]
LEFT:[[「韓日併合条約」の捏造 >韓日併合条約の捏造]]、
[[「武断政治」の変種―「文化政治」]]、
[[数字から見る日本の過去の罪]]、
[[数字は告発する]]、
[[不法極まりない詐欺文書「韓日併合条約」]]、
[[歴史にかつてない特大の国権強奪行為]]、
[[歴史に例のない「条約」の捏造]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(時事評論 2020.08.21)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS