#author("2020-08-25T18:47:47+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-08-23T19:27:16+09:00","default:pop hok","pop hok")
*「浮島丸」爆沈事件の真相 [#v3323177]
日本帝国主義の敗戦直後の1945年8月24日、日本の舞鶴港沖で、朝鮮人を乗せた海軍輸送船「浮島丸」が爆沈する事件が発生しました。

船の沈没で、国の解放の喜びに包まれ、帰国の途についた数千人の朝鮮人が命を落としました。これが、歴史に記された「''浮島丸''」''爆沈事件''です。事件直後、日本当局は、米軍が敷設した機雷による「偶発的な不可避の事故」だと発表しました。

では、「浮島丸」が本当に触雷沈没したのかということです。当日の8月24日は、舞鶴港に入る航路が掃海完了の時点でした。また、「浮島丸」は港の警備隊から安全信号を受けた状態でした。そして、この日、多くの船が舞鶴港に入港しましたが、最後に入った「浮島丸」だけに事故が起きたというのは、常識外れのことです。触雷爆発なら、爆発は一回だけで、水柱が現れるはずなのに、「浮島丸」では何回もの連続爆発があり、水柱は見られなかった、と目撃者は証言しました。

この写真は、「浮島丸」の残骸です。1954年、日本のある民間企業が「浮島丸」を引き揚げた時、船底の鉄板が外にはみ出ていたと言います。触雷爆発なら、鉄板が中にへこむはずなのに、外にはみ出ていたと言うのは、船の中で爆発が起きたことを物語っています。事実は、日本当局が主張する「浮島丸」の「機雷による爆沈説」なるものは、科学性と客観性に欠ける捏造に過ぎないということを実証しています。

''中央階級的教育館''の''ソ・イェソン''さんのお話です。
>「日本が爆沈事件を演出した目的は他でもなく、朝鮮人を一人でももっと多く殺して、敗戦の仕返しをし、さらには軍事施設建設の秘密を知っている生存者を一人残らず殺すためでした。それで、辛うじて生き残った人たちまで、みな舞鶴の海軍宿舎に閉じ込め、隣の蒸気タンクを爆発させてまた殺しました」

にもかかわらず、日本当局は今なお、「浮島丸」爆沈事件を「事故」に見せかけ、「朝鮮人が当時、連合軍の占領を懸念して、海軍輸送船『浮島丸』に乗ったため、賠償を追求するいかなる動きも絶対受け入れない」と我を張っています。これは、歴史の真実に対する完全な歪曲、捏造であると同時に、日本特有の狡猾さと厚顔無恥の極みです。

歴史は、日本帝国主義のように、植民地支配の全期間、他国の人民を残酷に殺し、牛馬のようにこき使っても飽き足りず、敗戦後も、集団虐殺を止めなかった野獣どもを知っていません。

「浮島丸」の爆沈で故郷に帰れなかった霊魂の絶叫は今も、朝鮮民族の胸の中で響き渡っています。

(時事評論)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE170711008_001.jpg,wrap,186x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE170711008_002.jpg,wrap,164x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE170711008_003.jpg,wrap,166x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2017年の記事'''
LEFT:[[「浮島丸」爆破の真相]]、[[必ず決算されるべき罪悪]]、[[単なる「美術作品」でない]]、[[浮島丸事件>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%AE%E5%B3%B6%E4%B8%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6]] -- Wikipedia
LEFT:[[浮島丸事件>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%AE%E5%B3%B6%E4%B8%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6]] -- Wikipedia&br;
[[「浮島丸」爆破の真相]]、[[必ず決算されるべき罪悪]]、[[単なる「美術作品」でない]]、[[彫像は今も絶叫する]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS