#author("2022-03-12T19:48:48+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-03-13T19:09:25+09:00","default:pop hok","pop hok")
*注目される今年の科学技術の成果 [#bb43fb8c]
今年、共和国では国の経済発展と人民生活の向上に役立つ価値ある科学技術の成果が多く達成されました。こうした成果は''国家科学院''の人たちの献身的な努力によるものです。

国家科学院の''イム・ヨンシク局長''のお話です。
>「私たちは今年、敬愛する金正恩元帥の歴史的な新年の辞に接して年初めから科学技術の発展計画を綿密に立て、それに基づいて最先端突破の熱風を強く巻き起こしました。みながわが国、わが祖国の繁栄に尽くす一つ以上の価値ある科学技術の成果を収めるという自信に満ちた態度で、時間を惜しんで研究に励んできました」

国家科学院の人たちは経済発展と人民生活の向上で将来を見通し解決しなければならない問題、現実で提起される科学技術上の諸問題を解決し、先端を突破して知識経済建設の早道を開くのに第一義的な力を入れてきました。

水利海洋科学分院の人たちは西海閘門((大同江の河口には「西海閘門(ソヘカンムン、さいかいこうもん、서해갑문)」と呼ばれる巨大な河口ダムが建設されている。ダム湖内部は淡水化され、堤防上には鉄道(西海閘門線)と道路が作られ対岸同士を結び、南浦港に入る大型船が通るための閘門も複数設置されている。堤防は治水と水運・交通のために建設されたもので、1980年代に朝鮮人民軍などを投入して大々的に工事が進められ、1986年に完成した。この巨大工事は金正日の指導の賜物とされ、朝鮮中央放送のテレビニュースのバックにもしばしば登場している。'''(Wikipedia「南浦特別市」より抜粋)'''))を通して海水を引き入れる方法でテドン川((大同川(大同江、대동강)))の水位を高める科学技術上の難題を解決しました。その結果、西海岸沿いの20万ヘクタールの耕地に農業用水を十分引き入れるのに大いに寄与しました。

ナノ材料研究所の人たちは直流高電圧による種子処理の装置とレーザーによる種子処理器を開発して、植物の成長を促進させ、生育期日を早めてヘクタール当たりの収穫を高めるようにしました。

中央実験分析所の人たちは土壌の窒素、カリ,リン、PH、腐食質の含量を実地で速やかに分析し、評価できる携帯用土壌分析器を開発しました。生物工学分院の生物情報研究所でも動物の精液の活性測定方法と解釈ソフトウェアの開発に成功し、国の畜産業の発展に寄与しました。

''中央茸研究所''では滅菌効果と雑菌防御力の高い基質の栄養添加剤を新しく開発して茸の生産を増やすことに寄与しました。地球環境情報研究所の人たちは移動式衛星受信機を製作して、漁獲に多いに寄与しました。

これだけではありません。国家科学院では設備と生産工程の現代化を進め、核心基礎技術である情報技術、ナノ技術を発展させるための研究など、現実が求める多くの科学技術上の問題を成功裏に解決しました。

今年、国家科学院の人たちが収めた科学技術の成果は国の科学技術の発展に尽くした敬愛する金正恩元帥の献身と労苦を離れて考えられません。年初めから国家科学院を訪れて科学技術の進むべき道を示し、われわれの科学者のためなら惜しむものがないと言って、「金の座布団」に堂々たる主人として座らせた元帥の恩愛があって国家科学院の科学者だけでない国中の科学者みながクリエーティブな精神で奮闘して科学研究で誇らしい成果を収めることができたのです。

今、国家科学院の人みなは科学技術が強盛国家建設を推し進める原動力であることを肝に銘じてもっと高い目標を立て、その実現のために知恵と熱情の限りを尽くしています。
//IKE141008044_12.jpg
//IKE141008044_22.jpg
//IKE141008044_32.jpg
//IKE141008044_42.jpg
//IKE141008044_52.jpg
//IKE141008044_62.jpg
//IKE141008044_72.jpg

RIGHT:'''2014年の記事'''
LEFT:''国家科学院ナノ工学分院'':[[ナノ産業の創設のために]]、[[高い目標、燃える情熱]]、[[人気が上がるナノ製品]]
----
-2018.10.28 [[朝鮮で抗菌、殺菌力の強いナノ塗料を開発>vok181028#xe811397]]
-2018.11.24 [[「全国ナノ技術部門の科学技術展示会2018」>vok181124#m8f96aaa]]
-2018.12.01 [[朝鮮の科学者が経済的な意義の大きい科学技術の成果を導入>vok181201#m9aa26db]]
-2019.11.02 [[全国ナノテクノロジー部門科学技術展示会2019が行われました>vok191102#fde734ac]]
-2021.03.23 [[ナノ肥料を開発して農業部門に取り入れるため励んでいます>vok210323#mda02883]]
-2021.10.24 [[全国ナノ技術部門科学技術展示会―2021が開幕しました>vok211024#y9013966]]
----
''中央茸研究所'':[[キノコから健康食品と薬剤を]]、[[茸生産の工業化のために]]、[[茸生産の工業化・科学化を進める]]、[[研究所の名にも気を使って]]、[[人民の食生活に役立つものに]]
''中央茸研究所'':[[キノコから健康食品と薬剤を]]、[[茸の生産で重視したこと]]、[[茸生産の工業化のために]]、[[茸生産の工業化・科学化を進める]]、[[研究所の名にも気を使って]]、[[人民の食生活に役立つものに]]
----
-2017.10.26 [[第4回全国茸栽培技術経験発表会及び技術講習開催>vok171026#aba93169]]
-2018.01.04 [[茸生産の科学化、工業化で成果を達成>vok180104#u41baf8d]]
-2018.10.26 [[全国茸栽培技術経験発表会>vok181026#m3e55be0]]
-2019.10.31 [[全国茸栽培技術の経験発表会が行われました>vok191031#w340c0c9]]
-2021.10.30 [[全国茸栽培技術の経験発表会及び技術講習が行われました>vok211030#lc48bd56]]
----
#include(vok_navi01,notitle)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS