#author("2021-12-09T19:10:41+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-12-09T19:11:12+09:00","default:pop hok","pop hok")
*永遠に続く太陽の歴史 [#g4f3bd77]
天のように信じ慕っていた偉大な金正日国防委員長をなくして、国中が悲しみにくれていたチュチェ100(2011)年12月17日から、いつしか10年と言う年月が流れました。10年一昔と言います。けれどこの地には指導者を永遠に輝かせる歴史が変わることなく続いています。

新たなチュチェ100年代は金正日国防委員長の銅像を建てることからスタートを切りました。敬愛する金正恩総書記のエネルギッシュな詳しい指導の下に、ピョンヤンのマンスデの丘に偉大な金日成主席の銅像と共に金正日国防委員長の銅像が建てられました。革命の道をはじめて切り開き、成功裏に前進させてきた指導者たちを生前の姿そのままに安置するのは指導者の偉業を永遠に輝かせるための最高の重大事、基本となります。

金正恩総書記は金正日国防委員長を金日成主席と共に、生前の姿そのままにクムスサン太陽宮殿に安置することを発案し、少しの遜色もなく整えることに特別関心を持ちました。

''社会科学院''の研究者であるアカデミー会員候補、教授、博士の''ソン・ドンウォン''さんのお話です。
>「2012年12月始めの深夜、金正恩総書記はクムスサン太陽宮殿に出ました。生前、国防委員長が乗っていた列車が保存されているところに入った総書記は、列車に上がり、ゆかりのものを長いこと眺めました。そして、列車内を行き来したり、列車から下りて車窓から中をのぞいたりしてから、また列車に上がって足りない点はないかと事細かに見ました。しばらくして列車から下りた総書記は周りの人たちに、国防委員長が今すぐにでも列車の中に入ってくるようだと言いました」

最大に丁寧に、最高の水準で、これは総書記が指導者の偉業を永遠に輝かせる上で堅持している絶対的な基準でした。

金正恩総書記は国防委員長の名と太陽のような姿が刻まれた共和国の最高勲章と最高賞を制定し、国防委員長の誕生日の2月16日を''光明星節''に定めるようにしました。そして主席と国防委員長を朝鮮労働党と朝鮮革命の永遠の指導者と仰ぐということを朝鮮労働党規約と共和国憲法に明記するようにしました。

また主席と国防委員長の革命思想を金日成・金正日主義に定義づけ、金日成・金正日主義を朝鮮革命の永遠の指導指針、全社会の金日成・金正日主義化を朝鮮労働党の最高綱領として宣言しました。

まさにこれまでの10年は偉大な指導者たちを永遠に輝かせる10年、偉大な指導者たちの志をそのまま継いで行く総書記の限りない忠誠心と道徳的信義で綴られた10年でした。

永遠に流れる太陽の歴史と共に、朝鮮人民の心の中には金日成主席と金正日国防委員長の優しい姿がいっそう鮮やかに刻まれています。

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211119007_002.jpg,wrap,127x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211119007_003.jpg,wrap,200x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211119007_004.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211119007_005.jpg,wrap,200x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2021.12.08の記事'''
LEFT:[[光明星節]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2021.12.08)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS