#author("2018-12-13T19:01:35+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2018-12-16T21:15:30+09:00","default:pop hok","pop hok")
*永遠なる朝鮮の力 [#ydf9697c]
国の運命、未来そのものである偉大な金正日総書記は、あらゆる困難を乗り切って、社会主義偉業を百戦百勝の一路へと力強く導く不抜の力であることを高らかに歌い上げた「''朝鮮の力''」という歌があります。歌は今も、社会主義強国を建てるために励んでいる朝鮮人民に強い意志を持たせ、力強く響き渡っています。

>飛躍が起きるわれらが祖国&br;
誰もがその名を父と呼び慕う&br;
思い描けば力沸き&br;
奇跡と偉勲巻き起こる&br;
みなの胸に火をつける&br;
みなの力みなぎらす&br;
われらの金正日将軍&br;
なれは朝鮮の力

総書記の指導に忠実に従ってきた朝鮮人民はこの歌を歌いながら、社会主義の全盛期も開き、歴史にかつてない社会主義の防衛戦でも勝利し、繁栄のための大飛躍も遂げてきました。総書記のまわりに固く結集して、総書記と共に革命を前進させる過程に、朝鮮人民は金正日将軍は朝鮮の力であると言う闘いと生活の真理、運命の真理を歌に託しました。

>鉄の将軍の明るい微笑み&br;
愛情の力で試練乗り越え&br;
ペクトゥの威厳とどろかす&br;
先軍の朝鮮強い国

''社会科学院''の''チャン・ウンイル''研究室主任は語ります。
>「国が困難を経ていた時、帝国主義者はおろかにも時限まで定めて、この地で社会主義の赤旗が降ろされるのを待っていました。こうした時、金正日総書記は、社会主義の運命を一身に担い、国を守るために先軍の旗を高く掲げました。総書記が先軍で国力をしっかりと固めたので、国中が社会主義建設で沸き立つことが出来ました。先軍の道で自主的立場を堅持し、朝鮮人民を自主性の強い人民、不屈の精神力を持つ人民に育てたので、今も私たちは、社会主義の一路を力強く歩んでいるのです」

最悪の逆境の中でも、朝鮮人民を信念と意志の強者に育てた総書記を離れて朝鮮の力を想像することが出来ません。総書記が一生を捧げて育てた朝鮮人民の信念と意志は、今、この地に最も偉大な一心団結をもたらし、国のどこでも嵐のように飛躍する強国建設の歴史が刻まれています。そのため、総書記を永遠に高く戴く朝鮮人民の固い意志が込められた誓いの歌が高らかに響き渡っているのです。

>その名は愛国 その名は正義&br;
強敵破り チュチェの国建てる&br;
真理の宝剣握り締め&br;
勝利の道を指し示す

今、朝鮮人民は信念と意志、知略と徳望、人柄において総書記そのままの敬愛する最高指導者金正恩委員長の偉大な姿から朝鮮の力をまたもや見ています。金正恩委員長にしたがって社会主義強国建設を力強く促す道で、朝鮮人民はいつもこの歌を歌い、朝鮮の力を世界に轟かせるでしょう。

(芸術)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE181102010_001.jpg,wrap,150x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE181102010_002.jpg,wrap,82x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE181102010_003.jpg,wrap,228x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE181102010_004.jpg,wrap,197x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE181102010_005.jpg,wrap,184x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE181102010_006.jpg,wrap,290x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2018年の記事'''
LEFT:[[歌「朝鮮の力」]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(芸術 2018.12.06)
//181207_永遠なる朝鮮の力
//181209_永遠なる朝鮮の力
//181212_永遠なる朝鮮の力
//181215_永遠なる朝鮮の力

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS