#author("2021-12-22T19:16:32+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-12-23T19:04:02+09:00","default:pop hok","pop hok")
*歌「婦人の歌」 [#e16fd9fc]
''リ・ウォンウ''作詞、人民芸術家''キム・オクソン''((김옥성))作曲の「''婦人の歌''」はチュチェ36(1947)年に創作されました。数千年来の悲願である女性の解放を実現した偉大な金日成主席の周りに一丸となって、新しい朝鮮の堂々たる主人になろうとの朝鮮の女性の愛国の意志が込められた歌です。

金日成主席は、日本帝国主義の植民地支配に苦しみ、封建の束縛にあえいでいた朝鮮の女性に男性と同じ権利を与え、甲斐ある人生を送るようにしました。それで、朝鮮の女性は主席の新しい国づくりの構想に則り、工場と農村、漁村のどこでも栄える国づくりにこぞって立ち上がりました。

歌は、新しい朝鮮の主人になった女性たちのたくましい姿と燃えるような愛国の情熱をポピュラーな生活用語で表しています。1番と2番の歌詞の、「燃える愛国心胸に」というくだりを通してもそれがよく分かります。明るく朗らかなワルツのメロディーによって、歌の思想的内容を浮き彫りにしています。

今もこの歌は朝鮮の女性が革命という引き車の片方の車輪を力強く進めるよう励まし、力強く響き渡っています。

(芸術)

#ref(ike200612004_001.jpg,wrap,190x120)

RIGHT:'''2020年の記事'''
LEFT:[[「婦人の歌」にまつわる話]]
#br
LEFT:[[「婦人の歌」にまつわる話]]、[[一曲の歌にまつわる話]]
----
-2018.03.08 [[社会主義の大花園に響き渡る女性賛歌>>vok180308#rc061cdb]]
-2019.03.09 [[国際婦人デー109周年記念マンスデ芸術団の歌と踊りのアンサンブルが行われました>vok190309#of734c18]]
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(芸術 2020.07.29)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS