#author("2022-05-03T20:09:48+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-05-22T19:36:51+09:00","default:pop hok","pop hok")
*未来を思う女性 [#qda4c1ed]
確実な殺虫効果、成長促進の作用に優れた''生物農薬''、多機能・無公害・天然のグリーン製品である''天然生物活性剤''、理想的な''植物性の種子処理剤''などなど。共和国の農業部門に取り入れられているこのグリーン製品は、''国家科学院植物学研究所''の''ユ・ソンオク''室長が開発したものです。

すでに30数年前に国内の原料に頼って、環境に優しい生物農薬を開発する構想を練っていました。特定の技術や経験があってのことではありませんでした。国の農業の発展のために必ず切り開かなければならなかったので、成功に漕ぎ着けるか期待できない探求の道に進んで踏み出しました。

膨大な量の文献の調査、殺虫・殺菌作用のある植物の採集とそれでつくった汁とエキスに対する昆虫の反応の考察、色々な添加剤の配合比率の選定など、ゼロから始まった研究は試練と苦難の連続だったとのことです。そのため2~3年で終わるだろうと思っていた研究は、長い歳月が経って、やっと日の目を見ることができました。

このようにユさんは先々のことを見通して未知の世界を切り開き、次の段階の研究目標もそれにあわせて立てました。名誉や報酬を望むことなく、国の農業科学の発展のために傾けた努力は報われ、天然生物活性剤と植物性の種子処理剤など経済的に効率のある複数の先端技術製品を相次いで開発しました。

ユさんは共和国の最高科学技術賞である''2月16日科学技術賞''と''功労科学者の称号''を授かりました。そして世界の学界が認める女性の科学者になりました。

ユ・ソンオク室長のお話です。
>「いかなる災害性異常気象にも対応できるよう、開発済みのこの生物農薬と生物肥料をさらに発展させること、これが私の研究テーマです」

70歳の峠を間近にしている今も、倦むことを知らない探求の情熱で、研究を深めているユ・ソンオク室長、研究所の人たちはユさんのことを未来を思う女性だと言っています。

(今日の朝鮮)

#ref(ike220412002_001.jpg,wrap,213x120)

RIGHT:'''2022.05.02の記事'''
LEFT:[[広く導入される生物肥料]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2022.05.02)
//220521_未来を思う女性

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS