#author("2021-08-01T19:17:01+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-08-02T19:59:18+09:00","default:pop hok","pop hok")
*朝鮮軍を強制解散させた日本帝国主義者の罪な行為 [#w532d37a]
20世紀始め、日本帝国主義者は朝鮮を完全な植民地にする為手の限りを尽くしました。中でも''朝鮮軍を強制解散''させた日帝の狡猾さと悪辣さは世界に類を見ない事でした。1907年、''丁未7条約''、所謂第三次日韓協約を捏ち上げて朝鮮の内政権まで奪った日帝は、すぐ朝鮮軍の強制解散に着手しました。

''中央階級的教育館''の解説係''チェ・ヒャンユ''さん。
>「朝鮮『総監』伊藤博文は、日本の武力が朝鮮の防備を『代行』する、軍事費を大幅に削減しよう、などと言って、朝鮮封建政府に軍隊解散を強いました。そして、軍隊解散に関する『詔勅』を作り上げ、朝鮮皇帝名義で公表させました。それで、『丁未7条約』がでっち上げられて10日も経たない1907年8月1日、朝鮮郡の解散式が強行されました。この日、日本侵略軍司令官長谷川は、自分の武力で物々しい包囲網を作った後、朝鮮軍の各部隊長を集めさせ、事前に作り上げた軍隊解散の『詔勅』を読み上げさせました。次いで、日帝は、朝鮮軍の下級将校と兵士を『訓練院』に兵器もなく素手のまま集合させ、予め計画した通りに包囲して、軍隊解散に関する偽りの『詔勅』を伝えました。その間に、日本侵略軍は朝鮮軍の兵営と兵器庫を占領し、兵器を押収しました。このように、日帝は、朝鮮軍が1挺の兵器も持たないようにして、抵抗力をなくした後、朝鮮軍を完全に解散させました」

日帝はこのような狡猾な方法でソウルの朝鮮軍を解散させたのに次いで、地方の軍隊も欺瞞的な方法で解散させました。同時に朝鮮の軍部と武官学校も廃止し防備を引き受けるという名目で、自分の武力を朝鮮にどんどん引き入れました。このように強盗そのものの日帝によって朝鮮軍が完全に解体して、朝鮮は正規軍の無い国となり日帝は何の軍事的抵抗も受けずに朝鮮を併呑する事が出来ました。

''ソン・ヨンエ''さん。
>「日本は朝鮮と交戦状態にあったのでもなく、朝鮮は敗戦国でもありませんでした。しかし、日帝は形ばかりの朝鮮軍まで強制解散させました。この1つの事実を通しても、日帝は最も暴虐非道で厚顔無恥な強盗集団であり、朝鮮民族の宿敵であることがはっきり分かります」

''リム・ジェグォン''さん。
>「過去、朝鮮軍を強制解散させた軍国主義勢力の末裔が今は、共和国敵対行為を執拗に追求し、海外膨張の野望を遂げようと軍国主義の復活に躍起になっています。これは、朝鮮人民の復讐の意思を百倍、千倍に固めさせています」

朝鮮人民は力が弱かった為外部勢力に国と人民の自主権を踏み躙られた過去の人民ではありません。如何なる強敵が襲い掛かっても一撃の下に撃退出来る強い軍事力を持つ不抜の軍事強国、正にこれが今の共和国です。

朝鮮人民は大東亜共栄圏の妄想に取り憑かれて朝鮮に対する再侵略を目論む日本の反動勢力を許さないでしょう。

(時事評論)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok190731_01.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok190731_02.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok190731_03.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok190731_04.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok190731_05.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok190731_06.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok190731_07.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(img_vok190731_08.jpg,wrap,213x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2019.07.31 サイト動画の聞き書き、字幕抜書き'''
#br
LEFT:[[朝鮮軍隊の強制解体]]、[[日帝による朝鮮軍の強制解散]]、[[日本特有の横暴さと狡猾さの所産]]、[[歴史にかつてない横暴]]&br;
LEFT:[[強盗さながらの朝鮮軍解散]]、[[朝鮮軍隊の強制解体]]、[[日帝による朝鮮軍の強制解散]]、[[日本特有の横暴さと狡猾さの所産]]、[[歴史にかつてない横暴]]&br;
チェ・ヒャンユ:[[脅迫ででっち上げた不法文書]]、[[単なる「美術作品」でない]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(190731 サイト動画の聞き書き、字幕抜書き ije190711016.mp4)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS