#author("2020-01-16T16:20:02+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-01-15T20:26:57+09:00","default:pop hok","pop hok")
*朝鮮民族固有の文字 [#b21607c8]
朝鮮民族は5千年の長い歴史にかけて、優れた英知の所産である多くの誇らしい文化財を世に送り出しました。なかには1444年1月に創られた朝鮮固有の文字、''フンミンジョンウム''もあります。

''社会科学院研究室主任''の博士、助教授''アン・ギョンサン''さんのお話です。
>「フンミンジョンウム、漢字では''訓民正音''と書きますが、文字通り、民に教える正しい音という意味です。これは民を教える正しい音を表す完璧な文字だと言う意味も込められています。これについて1454年に発行された『セジョン実録』には、『今月に予が自ら28字を創り出し、これを訓民正音とする』と書かれています。フンミンジョンウムは1419年から1450年まで統治した''セジョン王''の主管の下で創られました」

フンミンジョンウムが創られた当時、基本の文字は28字で、子音17字、母音11字でした。一番発達した文字であるフンミンジョンウムは、様々な優れた特性を持っています。わけても文字の創り方が斬新で世界のどこでも見られない独特なものです。

発音器官の形をまねるという独特な原理に基づいて創られました。発音器官の形に合わせてベースとなる文字を創り、それを基本にして音の特性に合わせて画を増したり、二つや三つの文字を合成したりして、一連の法則に準じた他の文字を創りました。

すなわち、舌、唇、歯、喉のような各発音器官の形を真似て文字の形を定め、そこに、清音、濁音など性質に即して画を増したりしました。また、硬音などは同じ音が絡まったものと見て、同じ子音を重ねて使って表しました。

これについてイギリスの有名な言語学者は発音器官を象って文字を創ったこともユニークだが、基本の文字に画を足す方法で音声学的に同一系列の文字を創りだす方法がとても規則正しく、立派だと賛辞を惜しみませんでした。

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE170226008_001.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE170226008_002.jpg,wrap,234x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2017年の記事'''
#br
LEFT:[[シンジ文字]]、[[訓民正音の優れた点]]、[[朝鮮の民族文字・訓民正音]]、[[朝鮮固有の文字―フンミンジョンウム]]、[[朝鮮民族の文化財「訓民正音」]]、[[歴史の古い朝鮮の文字]]
LEFT:[[シンジ文字]]、[[訓民正音]]、[[訓民正音の優れた点]]、[[朝鮮の民族文字・訓民正音]]、[[朝鮮固有の文字―フンミンジョンウム]]、[[朝鮮民族の文化財「訓民正音」]]、[[歴史の古い朝鮮の文字]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS