#author("2022-03-09T18:34:32+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-03-10T19:33:55+09:00","default:pop hok","pop hok")
*朝鮮の女性の誇り [#kfd53928]
世界の女性たちが3月8日の''国際婦人デー''を記念し始めた時から106年の歳月が流れました。今、朝鮮の女性たちは指導者に祝福され、人民皆に愛され、また励まされて、国際婦人デーを意義深く迎えています。朝鮮労働党と朝鮮人民は3月8日の国際婦人デーを迎え、国の歴史に末永く輝く誇らしい偉勲を立てている女性の皆を熱く祝っています。

朝鮮の女性たちは長い歳月、封建の束縛と日帝の抑圧の中、蔑まれ、虐げられてきました。その女性たちが新しい人生を営むようになったのはチュチェ34(1945)年8月15日、国が解放されてからでした。

偉大な金日成主席は女性たちに幸せをもたらすため''男女平等権法令''を公布し、女性たちを新しい社会の主人に押し立てました。偉大な金正日総書記は金日成主席の女性尊重、女性重視の思想を受け継いで女性たちが国と人民のために大役を果たすよう導きました。

革命発展の各時期、各段階に朝鮮の女性運動の行く手を示し、輝かしい勝利へと導いてきた主席と総書記の正しい導きがあったので、女性たちは革命の一翼を担ってゆく力のある勢力になりました。

今、朝鮮の女性運動は敬愛する金正恩元帥の導きの下、その発展の新たな全盛期を迎えました。元帥は女性たちを社会の有力な勢力とみなし、女性たちに温情の限りを施しています。

3月8日の国際婦人デーを記念してコンサートを催すようにし、直々臨席して女性たちを祝った人も金正恩元帥であり、大勢の女性たちを先軍の時代の功労者に、時代の英雄に押し立てた人もまさに元帥です。金正恩元帥が全国母親大会を開くようにし、大会に参加した女性たちとともに記念写真を撮ったことは今も人々を感動させています。

今、朝鮮の女性たちは国と人民のための聖なる偉業に全てを尽しています。共和国に建てられた大きな建造物や先端科学技術にも女性たちの貴い汗と情熱的な探究、思索が込められており、人跡まばらな険しい山道にも女性の道路管理がかりの愛国の足跡が印されています。どこへ行ってみても国の繁栄と次の世代の幸福のために献身的に尽くす女性たちに会うことが出来ます。

党と指導者、国と人民のため真心を捧げる女性の革命家の大部隊があるので朝鮮が強く、強盛国家建設の未来はばら色に輝いています。

RIGHT:'''2016年の記事'''
#br
----
//*朝鮮の女性の誇り2
//(今日の朝鮮 2020.07.30)
チュチェ35(1946)年7月30日は、朝鮮で''男女平等権法令が公布された日''です。男女平等権法令の公布は、朝鮮の女性の地位と役割に変革をもたらしました。長い間、社会的従属と不平等、非人間的な虐待と蔑視の中、悲惨な生活を強いられて来た女性たちが、男性と同じく、堂々たる参政権を持ったのです。

偉大な金日成主席は朝鮮が日本帝国主義の植民地支配から解放された後、男女平等の権利は誰から与えられるものでなく、女性自身の努力と闘いで勝ち取らなければならないとし、女性たちが国家建設に積極的に参与するよう導きました。

偉大な金正日総書記は、女性を革命と建設を支える力ある勢力に押し立て、女性重視の歴史が続くよう導きました。総書記は、女性は革命と建設で重要な役割を果たしているとし、女性の社会的地位と役割をさらに高めました。

今、朝鮮の女性運動は、敬愛する最高指導者金正恩委員長の導きの下、新たな全盛期を迎えています。

ピョンヤン市((平壌市(평양시)))ソンギョ区域((船橋区域(선교구역)))テフンと言う町((大興洞(대흥동)))の女性同盟初級委員会委員長の''リ・ギョンスク''さんのお話です。
>「金正恩委員長は、女性同盟の名を朝鮮社会主義女性同盟に改め、不朽の著作『全社会の金日成・金正日主義化の旗印の下に女性同盟の活動をさらに強化しよう』を発表して女性運動の行く手を明るく示しました。そして、国中に女性を尊重する社会的気風がみなぎるようにし、毎年、母の日も記念するよう深い関心を払いました。多忙な中にも、全国母親大会の参加者と共に記念写真も撮り、3月8日の''国際婦人デー''を迎える女性たちを祝って立派な公演を開き、温情こもる贈り物まで送りました」

今、朝鮮の女性は社会主義強国建設で女性革命家として、家庭と社会の花として生き甲斐ある生活を送っています。青春時代を銃と共に輝かせている女性の軍人、高い実力で国に尽くす女性の科学者と教育者、スポーツ選手、模範労働者などなど。

実に、歴史的な男女平等権法令の公布からこれまでの70数年間は、女性が労働党と指導者の信頼の中、美しく気高い姿を刻んできた年代記です。

革命の一翼を担う朝鮮の女性の人生は、国の繁栄のための道でさらに輝いています。

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200613006_001.jpg,wrap,185x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200613006_002.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2020年の記事'''
#br
LEFT:''男女平等権法令'':[[「婦人の歌」にまつわる話]]、[[一曲の歌にまつわる話]]、[[国の主人に押し立てて]]、[[国の花、幸せの花]]、[[国の解放がもたらした幸せな人生]]、[[女性の社会的権利]]、[[女性の誇りは偉人たちの許で]]、[[朝鮮での女性の権利]]、[[男女平等権法令]]、[[男女平等権法令の下で]]、[[不世出の偉人たちと3月8日]]&br;
''国際婦人デー'':[[国際婦人デー]]、[[「国際婦人デー、おめでとうございます!」]]、[[国の花]]、[[女性の誇りは偉人たちの許で]]、[[女性教育者の甲斐ある人生]]、[[女性教師の輝かしい人生]]、[[朝鮮の女性達の心の歌]]、[[花と女性]]、[[不世出の偉人たちと3月8日]]
----
-2018.03.08 [[国際婦人デー108周年記念全国の女性同盟の活動家と女性同盟員のスポーツ娯楽競技>vok180308#p2146803]]
-2018.03.08 [[「労働新聞」社説「3月8日の国際婦人デー108周年に際して共和国創建70周年を迎える今年、朝鮮の女性の革命的気概を一層強く轟かそう」>vok180308#y4d50e0e]]
-2018.03.09 [[国際婦人デー108周年記念の集い>vok180309#de803d1d]]
-2019.03.07 [[国際婦人デー記念のスポーツ・娯楽競技が行われました>vok190307#k6cb5860]]
-2019.03.08 [[女性高齢者との交歓会が行われました>vok190308#f1862d29]]
-2019.03.08 [[「労働新聞」が社説を載せました>vok190308#m183f3e0]]
-2019.03.09 [[国際婦人デー109周年記念中央報告会が行われました>vok190309#ee20b171]]
-2019.03.09 [[国際婦人デー109周年記念マンスデ芸術団の歌と踊りのアンサンブルが行われました>vok190309#of734c18]]
-2019.03.10 [[在日朝鮮人女性が祖国は真の幸せの世界、愛情の花園だと述べました>vok190310#jaa68fe5]]
-2020.03.06 [[3月8日の国際婦人デーの祝賀状が出ました>vok200306#jb42394b]]
-2020.03.08 [[「労働新聞」に国際婦人デーの社説が載りました「今の正面突破戦で朝鮮の女性の革命的気概を余すところなく轟かそう」>vok200308#bd65da83]]
-2020.03.10 [[インドネシアのインターネットメディアが朝鮮の女性を紹介する文を載せました>vok200310#l6dd1a96]]
-2020.03.12 [[スイスの団体が共同声明を発表しました>vok200312#o5de337f]]
-2020.03.14 [[3月8日の国際婦人デーを迎えてロシアのインターネットメディアに文が載りました>vok200314#ece9376f]]
-2021.03.06 [[3月8日の国際婦人デーの祝賀状が出ました>vok210306#m2fc9b5d]]
-2022.03.08 [[国際婦人デー112周年を祝うピョンヤン市内の女性同盟員のスポーツ及び娯楽競技が行われました>vok220308#d46b75b8]]
-2022.03.09 [[2022年3月8日の国際婦人デー記念乗馬競技が行われました>vok220309#s83a880e]]
-2022.03.09 [[3月8日の国際婦人デー112周年記念女性同盟の活動家と同盟員の舞踏会が行われました>vok220309#wbf8ad26]]
-2022.03.09 [[各地で3月8日の国際婦人デーを有意義に迎えました>vok220309#q63ade27]]
----
#include(vok_navi01,notitle)
//160308_朝鮮の女性の誇り

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS