#author("2017-04-06T19:18:46+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-11-16T18:38:24+09:00","default:pop hok","pop hok")
*朝鮮の女性の装身具 [#kd902468]
昔から伝わっている朝鮮民族の英知と固有の生活風習は装身具にも秘められています。特に女性たちの装身具は異彩を放つものでした。

装身具は身につけるものと服につけるものに大別されます。身につけるものとしては耳輪、指輪、かんざしなどがあります。服につけるものとしては装飾品、袋、そして子供と女性たちのベールなどがあります。耳輪一つを見てもその材料と形がとても多様でした。

5千年前に存在した古朝鮮と紀元前277年から紀元668年まで存続した朝鮮初の封建国家である''コグリョ''、高句麗時代の耳輪が多く出土しました。ピョンヤン市((平壌市(평양시)))テソン区域((大城区域(대성구역)))とナンポ市((南浦市(남포시)))カンソ区域((江西区域(강서구역)))のヤクス里((薬水里(약수리)))などいたるところで出土したコグリョ時代の遺物である金の耳輪は当代の細工の巧みな腕をそのまま見せています。

かんざしも女性の装身具の一つです。もともとかんざしは昔から女性たちの長い髪の毛を固定するものとして作られました。その後、かんざしは女性たちの髪の毛の装飾で欠かせないものとなりました。

''朝鮮民俗博物館''の''キム・ミョンシム''さんのお話です。
>「かんざしはその材料によって金と銀、硬玉と竹のかんざしなどいろいろありました。そして装飾用としては竜と鳳凰、蝶々の模様のかんざしなど色々なものがありました。特に竜と蝶々の模様のかんざしとともに細い銀糸のばねの上に花と蝶、鳥などの形をつけて動くたびにゆれるようにしたかんざしなどは高級材料を使ってゴージャスに作ったものとして礼式の時、貴婦人がよく使いました」

コグリョ第21代王である''コグクウォン王陵''の壁画に描かれた王妃と侍女たちの頭の飾りつけを見てもそれがよく分かります。そして金と銀、エメラルドと琥珀の指輪などといろいろな形で手際よくつくられたボタン、チマチョゴリによく似合い、工芸品の価値がある服の装飾品と袋などもあります。
コグリョ第21代王である''コグクウォン王陵''((故国原王陵(고국원왕릉)))の壁画に描かれた王妃と侍女たちの頭の飾りつけを見てもそれがよく分かります。そして金と銀、エメラルドと琥珀の指輪などといろいろな形で手際よくつくられたボタン、チマチョゴリによく似合い、工芸品の価値がある服の装飾品と袋などもあります。

特に女性たちの婚礼衣装は頭にかぶるものと長くたらしたリボン、そして色とりどりの装飾品によりとてもユニークです。これらの装身具を通して昔から伝わっている朝鮮人民の情緒豊かな生活がよく分かるだろうと思います。

このように朝鮮の女性たちが伝統的に利用して来た装身具は英知に富み、民族の情緒があふれる朝鮮民族の貴い遺産のひとつです。
//IKE120716015_12.jpg
//IKE120716015_22.jpg
//IKE120716015_32.jpg
//IKE120716015_42.jpg
//IKE120716015_52.jpg
//IKE120716015_62.jpg
//IKE120716015_72.jpg

RIGHT:'''2012年の記事'''
LEFT:[[コグリョ(高句麗)]]、[[コグクウォン王陵]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//120903_朝鮮の女性の装身具
//120910_朝鮮の女性の装身具
//120917_朝鮮の女性の装身具

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS