#author("2020-06-10T16:48:15+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2020-07-24T16:47:55+09:00","default:pop hok","pop hok")
*朝鮮の内政権の強奪を狙った「丁未7条約」 [#s579dc17]
7月24日は、日帝が朝鮮の内政権を奪い取るため、「''丁未7条約''」を捏造した時から111年になる日です。

1905年11月、強盗さながらの方法で「''乙巳5条約''」、日本で言ういわゆる「第2次日韓協約」をでっち上げて朝鮮の外交権を強奪した日帝は朝鮮で「統監政治」を実施しました。一方、朝鮮の内政権まで奪い取る機会を狙っていました。

そうした中、1907年6月、朝鮮封建王朝の''コジョン皇帝''がオランダのハーグで行なわれる第2回万国平和会議に3人の密使を派遣して、「乙巳5条約」が不法で、無効であること、朝鮮に対する日帝の植民地支配が不当であることを世界に知らせるようにした「''ハーグ密使事件''」が生じました。

事件の発生後、朝鮮の「統監」であった伊藤博文は日本外務大臣に、この事件が「局面を一新する行動をとるチャンス」という内容の極秘の暗号電報を送りました。これはコジョン皇帝を強制退位させ、朝鮮の内政権を完全に奪い取るための企みをそのまま表したものです。

日帝は「ハーグ密使事件」にかこつけてコジョンを脅かし、強制退位を迫りました。コジョンは日帝と親日分子の執拗な圧力と威嚇にめげて、「軍国大事を皇太子に代理させる」と言う内容の詔勅に御璽の捺印をしました。この詔勅は後日、王権を取り戻すためのコジョンの意図が込められたもので、決して譲位詔勅ではありませんでした。

ところが日帝はコジョンの詔勅を譲位詔勅だと言い張り、皇位を皇太子に譲り渡す「譲位式」を強行して、これを各国のソウル駐在総領事に通報しました。コジョンを強制退位させた日帝は1907年7月24日、「丁未7条約」をでっち上げました。こうして日帝は事実上、朝鮮の内政権まで掌中におさめました。

''中央階級的教育館''の''カン・ユンヒ''さんのお話です。
>「『丁未7条約』 によって朝鮮封建政府は日帝の『統監』の『承認』の下でのみ、法令の制定、主な行政上の問題など内政問題全般を処理することになりました。また『統監』の同意なしには朝鮮人高等官吏を任命し、罷免することも出来ず、『統監』が推薦する日本人を官吏に任命しなければならなくなりました。それだけでなく『統監』の同意なしには外国人を雇用することも出来なくなりました」

このように日帝は「丁未7条約」を通じて、朝鮮に対する「統監政治」と植民地支配権をさらに強めました。日帝は「丁未7条約」が「朝鮮の富強を図り、朝鮮国民の幸福を増進する」ことが目的だと鳴り物入りで宣伝しました。しかし日帝の植民地支配下で朝鮮人民は「幸福」でなく苦痛と不幸だけを強いられました。

過去、朝鮮人民に計り知れない恥辱と不幸を強いた日本は今、過去の罪を全て否定し、軍国主義再侵略策動に躍起になっています。厚顔無恥な日本の反動勢力の策動は、朝鮮人民に日本は不倶戴天の敵だということを骨身にしみるほど痛感させています。

朝鮮人民はつもりに積もった恨みを百倍、千倍にして晴らすでしょう。

(時事評論)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180627004_001.jpg,wrap,177x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180627004_002.jpg,wrap,178x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2018年の記事'''
LEFT:[[「丁未7条約」のでっち上げ]]、[[ハーグ密使事件]]、[[不法で犯罪的な「乙巳5条約」]]、[[歴史に例のない「条約」の捏造]]
#br
LEFT:[[「丁未7条約」のでっち上げ]]、[[不法極まりない詐欺文書「丁未7条約」]]、[[ハーグ密使事件]]、[[不法で犯罪的な「乙巳5条約」]]、[[歴史に例のない「条約」の捏造]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(時事評論 2018.07.23)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS