#author("2022-01-23T20:22:35+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-02-26T20:40:57+09:00","default:pop hok","pop hok")
*新種の育種に励んでいる [#w839ca2f]
''農業研究院''で新年に入り、持続可能な農業生産の増大のための研究を計画し、その実現に取り組んでいます。ここでメインは多量収穫品種を育種することです。

''キム・ジョンナム''部長のお話です。
>「生育期日が短く、収量の高い水稲と陸稲の種、小麦と大麦の種を育種し、新しい営農技術と方法を積極的に導入することを目標に研究を進めています」

稲研究所ではヘクタール当たりの収量をはるかに高める水稲の品種を育種するための段階別研究目標を立て、その実現に向けた研究を推進しています。わけても高温と日照り、冷害と台風の被害、塩分の被害が酷い地帯、地力が低いので収量が落ちる地帯に適した品種を育種するための研究が深められています。これとともに育種した水稲の品種の科学的な栽培法、合理的な二毛作の営農法、多量収穫栽培技術の確立のための研究も活発に行われています。

他の研究所では小麦の優良品種が生産で実効を表すようにする研究とジャガイモの新しい栽培法の研究に力が入れられています。ヘクタール当たりの収量が高い大豆の品種や様々な製糖作物の品種を育種する研究、多量収穫の油脂作物の栽培技術の導入に向けた研究も推進中です。

多量収穫品種を育種する研究は、農業生産の安定的で持続可能な成長を確実に裏打ちするでしょう。

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211213079_001.jpg,wrap,240x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211213079_002.jpg,wrap,220x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211213079_003.jpg,wrap,200x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211213079_004.jpg,wrap,230x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211213079_005.jpg,wrap,230x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211213079_006.jpg,wrap,220x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211213079_007.jpg,wrap,210x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2022.01.22の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2022.01.22)
//220225_新種の育種に励んでいる

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS