#author("2020-11-10T19:00:17+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-05-27T19:38:54+09:00","default:pop hok","pop hok")
*担当医の真心 [#e1547e05]
朝鮮では''医師区域担当制''が実施され、誰もが担当医の関心のなか、健康管理をしています。ピョンヤンのソンギョ区域((船橋区域(선교구역)))''ソンギョ総合診療所''の医師たちは担当の住民に真心を尽くしています。

数年間、車椅子を押して病院とリハビリセンターを行き来しながら患者を完治させた話や往診用のカバンに治療機器や医薬品だけでなく、補い薬まで入れて訪ねるという話などなど。正に、ソンギョ区域ソンギョ総合診療所の医師たちは担当地域の住民と同じ家族のようです。往診用のカバンを背負って家々を訪れると住民のみなは「私たちの先生」が来たと喜んで迎えます。

各居住人民班の担当医は検診を手抜かりなく行い、住民の健康状態を手に取るように把握しています。それで多くの住民が急性や慢性の病気から解放され、健康を取り戻しています。特に今、世界的に新型コロナウイルス感染症が急速に広がっていることを受け、住民の間でそれを防ぐための医療知識を広く宣伝し、予防対策を徹底させています。

これだけではありません。診療所では数百坪の薬草畑を造成し、ここから出るケツメイシとサンザシなどの''薬草で健康飲料を作って''住民の健康増進に寄与しています。

''リ・ソンチョル''所長のお話です。
>「これまで少なからず成果を収めましたが、それは診療所の医師たちが患者に真心を尽くして治療に当たったからだと思います。診療所の医師みなは検診をしても、病気予防の宣伝、治療を行っても住民のみなを肉親のように思い、愛情を捧げています。これは私たち医師の本分だと思います。住民が診療所の医師を見て、『私たちの先生』だと親しく言っていますが、この言葉には朝鮮の社会主義保健医療制度への感謝の思いがそのまま込められていると思います」

「私たちの先生」、親しみ溢れるこの呼び名に生き甲斐と誇りを胸いっぱいに感じ、診療所の医師たちは住民に真心を尽くしています。

(今日の朝鮮)

#ref(ike200114011_001.jpg,wrap,266x120)

RIGHT:'''2020年の記事'''
#br
LEFT:[[お金の要らない担当医を持っている]]、[[医は仁術なり]]、[[医師区域担当制]]、[[戸別担当医として数十年]]、[[社会主義医学は予防医学]]、[[住民の健康を思う]]、[[住民の健康管理に真心をつくす]]、[[尊敬される担当医]]、[[担当医]]
LEFT:[[お金の要らない担当医を持っている]]、[[医は仁術なり]]、[[医師区域担当制]]、[[戸別担当医として数十年]]、[[社会主義医学は予防医学]]、[[住民の健康を思う]]、[[住民の健康管理に真心をつくす]]、[[尊敬される担当医]]、[[誰にも担当医がいる]]、[[担当医]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2020.02.19)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS