#author("2019-09-27T19:29:52+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-08-12T18:59:00+09:00","default:pop hok","pop hok")
*意義深い農業機械の展示会 [#r623e4b6]
共和国でチュチェ104(2015)年8月、''農業機械の展示会''が開かれました。展示会には農業省の農業機械工業管理局傘下の工場で生産された田植え機と土壌管理機械、種まきと肥培管理機械、収穫と脱穀機械、畜産飼料加工機械、小型ポンプなどを含む113種、510点の農業機械と部品が展示されていました。

敬愛する金正恩元帥が農業機械展示会を見ました。展示された色々な農業機械と部品、小農機具の前でそのメカニズムと技術的特性について詳しく見聞きした元帥は、関係部門で現代的な農業機械を自力で作るために努めていることが分かると評価しました。

そして、農業機械の稼働率と利用率を高める時、省力と農業生産の飛躍的な増大が可能だとし、農業機械の生産者は農村機械化の尖兵だと言う本分と農業勤労者と共に国の米倉を責任持つ主人だと言うことを深く自覚しなければならないと言いました。

また、農業部門で肥料は弾薬も同じで、農業機械は武装装備も同じだとし、農業機械と部品、小農機具を生産する工場、企業、農業機械作業所では生産を正常化し、その質を絶えず高めなければならないと言いました。元帥は農業機械と部品の生産工場は社会主義防衛線の第一梯隊、第一線塹壕とも言える農業戦線の兵器廠だと言いました。

農業戦線の兵器廠。

これには農業機械の生産者が戦う山により多くの弾薬を送ろうというスローガンの下、素手でベルトを回して戦時の生産を保障した軍需部門の労働者の精神を発揮するなら、出来ないことなどないという深い意味が込められていました。

農業機械の生産者は意義深い展示会を通じて能率が高い新たな農業機械をより多く開発して農業生産に大いに役立てる決意を固めました。今後、共和国の田畑では自力で生産した現代的な農業機械が多く稼動することでしょう。

RIGHT:'''2016年の記事'''
LEFT:[[農業の物質的・技術的土台を強めるために]]、[[農業の総合的機械化のために]]、[[農村の機械化のために]]
#br
LEFT:[[農業の物質的・技術的土台を強めるために]]、[[農業の総合的機械化のために]]、[[農業機械の生産の主体化]]、[[農村の機械化のために]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//161122_意義深い農業機械の展示会
//161123_意義深い農業機械の展示会

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS