#author("2017-04-15T17:29:33+09:00","default:pop hok","pop hok")
*恵まれた家庭 [#o6d6ab44]
朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法節の12月27日を迎え、ピョンヤン市((平壌市(평양시)))チュン区域((中区域(중구역)))リョンファ2洞((蓮花二洞(련화2동)))の一家庭を訪ねました。ご主人の''ピョンヤン建築総合大学''の研究者''ハム・イヨン''さんが奥さんと嫁いだ娘さん一家と一緒に住んでいる100平方メートル以上の家です。ここで洞は共和国の居住単位の一番末端組織です。

ハムさんは''労働英雄''と''人民科学者の称号''を受けた教授、博士です。家族のアルバムを見せてもらいましたが、若いころのハムさん夫婦がかわいい息子と娘さんと一緒に明るく笑っている姿、大学生になった息子と娘さんの姿が写されていました。

娘の''ハム・ヒョンイ''さんがアルバムの中の写真を指差してこう言うのでした。
>「ご両親もそうですが、私とお兄さんもみな大学を出ました。そして、夫と兄嫁さんも大学を卒業しました。国の配慮で一家揃ってお金一銭払わずに思う存分勉強したわけです」

孫娘の小学生''キム・チョンア''さんが赤いランドセルからノートを取り出して5点をもらった自慢話をしました。そして、つぶらな瞳を輝かせながら小さい手にギターを持ってきました。後で知ったことですが、チョンアさんは7歳の時の2012年、モスクワで開かれた第9回国際祭典「''モスクワは友を迎える''」に出演し、観客の絶賛を博したギター四重奏の一員、つまり音楽の神童でした。
>「私は優れた音楽家になるつもりです。住みよいわが国をいっそう輝かせたいです」

世の中の道理を悟るにはまだ小さい子供でしたが、その明るい瞳は幸せのゆりかごで思う存分学び、育っているこの上ない誇りでいっぱいでした。

チョンアさんのお父さん''キム・ソクヨン''さんのお話です。
>「わが子の未来は心配ありませんね。子の才能もこの国で芽生え、何うらやむものなく思う存分学んでいるのですから。私もそうですし、妻も、また他の人みなが義務教育の恩を被り、今のように成長したと思います。だれもが義務教育は当たり前のことと思っています。まあ、これは数十年にわたる現実が見せるものです」

一般市民の家庭を通しても全般的12年制義務教育など教育を受ける権利を法的に保障するありがたい共和国の社会主義制度の素顔が窺えるということです。

ハムさんからこんな話も聞きました。
>「昨年、足を怪我して病院で手術を受けました、まあ、今は全快したわけですが、一ヶ月前には療養にも行ってきました。どうでしょう、これが人民的政策がみなに行き渡っているという証ではないでしょうか。前に仕事のことで外国に行ったことがありますが、そのとき、治療費があまりにも高くて患者もろくろく治療を受けられずにいることを見ました。それを見てわが国での人民的政策のことが思われ、一日も早く帰りたい気持ちになりました」

ハムさんは続けて、今の世代は税金という言葉も知らずに生きている、世界には共和国のように大衆の利益を第一とみなして法を制定し、人民的な政策を実施する国はないといいました。

少なからぬ国々で絶対多数の大衆が未来に対する希望はおろか、初歩の人権も保障されず、国の配慮も受けられずにいるが、朝鮮人民は国の主人として幸せな生活を営み、その理想を叶えているというのでした。

ハムさんと奥さんの''シン・ヨンジュ''さんのお話を聞いてください。
>「我が家の幸せはありがたいこの国に心から尽くしてこそのものです。生涯を閉じるまでこの国に仕え、文明国建設に尽くす建築の設計を出すつもりです」&br;
「主人と子どもが仕事にもっと励むよう手伝ってあげたいです」

共和国の人民的政策の下で幸せな生活を営むこの家庭を通して勤労人民大衆のための労働党の路線と政策を法的に保障する共和国の社会制度の良さを改めて胸深く感じる私たちです。
//IKE131104008_12.jpg
//IKE131104008_22.jpg
//IKE131104008_32.jpg
//IKE131104008_42.jpg
//IKE131104008_52.jpg
//IKE131104008_62.jpg
//IKE131104008_72.jpg

RIGHT:'''2013年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//131226_恵まれた家庭


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS