#author("2021-03-06T19:09:34+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-03-10T20:31:05+09:00","default:pop hok","pop hok")
*忠僕になるべき [#ma5cc713]
幹部は人民のために全てを尽くす人民の真の忠僕になるべき、これは敬愛する金正恩総書記の意志です。

チュチェ108(2019)年5月4日、金正恩総書記がハムギョン南道((咸鏡南道(함경남도)))クムヤ郡((金野郡(금야군)))の人たちが自力で建てた''クムヤ川第2号発電所''を訪れたときのことです。しばらくの間、発電所のダムを眺めていた総書記は、うってつけの場所にダムを建てた、今のような渇水期にも貯水池に水が一杯あるのを見ると気分がいいと言いました。そして、辺りを見回した後、調整池の巡回点検用の橋のところに設置された鉄製の梯子に目をやり、上ってみようと言いました。

随行の人たちは一瞬戸惑いました。その鉄製の梯子は発電所の当直の人たちがダムと水門の状態、水位などを監視するために巡察する際に利用するもので、傾斜が急で、狭すぎるものでした。危険です、と引き止める間もなく、総書記はそこを上りました。

橋の真ん中に立った総書記は全景を眺めやり、貯水量が充分なようだ、水がいつも一杯あるから電気の生産はもとより、飲料水も供給し、農業も営めると言いました。そして郡の党委員会の責任者に発電機をもっと設置し、電気を充分まかなえば郡内の人たちが本当に喜ぶだろうと言いました。

党委員会の責任者の胸にじーんと来るものがありました。普通、人足の届かないここにまで強いて上った総書記の心中が推し量られたのでした。総書記の現地指導の後、郡では鉄製の梯子の横に立派な階段をつくりました。

今も鉄製の梯子は幹部は人民の幸せを花咲かせる人民の真の忠僕になるべきだと言った総書記のその日の言葉をかみ締めるようにする歴史の目撃者として残っています。

発電所を訪ねる人は誰もが約束でもしたかのように、いわれのあるこの鉄製の梯子を上るのをたがえることの出来ないコースとみなしています。

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike210115032_001.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike210115032_002.jpg,wrap,180x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2021.02.11の記事'''
LEFT:[[敬愛する最高指導者金正恩委員長がクムヤ川第2号発電所を現地指導しました>vok190504#nfa802c9]]&br;
[[梯子で高いところに上る]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2021.02.11)
//210223_忠僕になるべき
//210305_忠僕になるべき
//210309_忠僕になるべき

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS