#author("2022-08-02T20:02:29+09:00","default:pop hok","pop hok")
*強盗さながらの朝鮮軍解散 [#ue197afb]
''シン・ヨンイル'':20世紀、日帝は主権国の常備軍である朝鮮軍の強制解散という嘗て無い犯罪行為を働きました。1905年「乙巳5条約」、日本で言う「第2次日韓協約」の捏造で朝鮮の外交権を強奪し、1907年は「丁未7条約」、日本で言う「第3次日韓協約」を捏造して朝鮮の内政権まで強奪した日帝は、次いで名ばかりの朝鮮軍まで解散しようとしました。

1907年、高宗皇帝の強制退位と皇帝を日本に拉致しようとの企みが明るみに出るや、漢城(ハンソンはソウルの旧名です)、漢城の愛国的軍人と人民は強力な抗戦によって侵略者に立ち向かいました。別けてもこの抗戦に王を護衛する部隊の第1連隊第3大隊が加わり、日帝侵略者の恐怖と不安は高まりました。

7月21日、朝鮮統監の伊藤博文が日本総理大臣に、「目下、状況は混雑し将来その波及が予測し難い。一方、朝鮮軍の状況が不穏であって今後の事態が予測し難い」という電文を送った事だけを見ても、朝鮮軍への日帝の不安の程が分かります。そこから日帝は司法及び警察権を掌握し、朝鮮軍の解散を規定した秘密覚書を作り出しました。

こうした事前計画によって日帝は朝鮮軍の強制解散に取り掛かりました。先ず日帝は朝鮮皇帝の詔勅を捏造しました。当時、朝鮮軍の解散についての朝鮮皇帝の詔勅の草案には「担当の官吏に指示して皇室の護衛に必要な人員だけ残し、残りは一時解散する」という内容があります。ところがこの朝鮮皇帝の詔勅の草案が伊藤博文の自筆である事が1982年10月、日本の『週刊朝日』によって世に公開されました。

このように日帝は軍隊解散についての皇帝の詔勅を捏造し、それが恰も朝鮮皇帝の命令によって行なわれたかのように世論操作しました。これに基づいて日帝は先ず漢城に駐屯していた王を護衛する部隊の歩兵5個大隊と騎兵隊・砲兵隊等を解散し、その後四方に配置された8個大隊を解散しました。そして強制解散に立ち向かって暴動を起こした軍人達を圧倒的な武力で容赦無く弾圧しました。

こうした日帝の不法極まりない軍力抹殺の為朝鮮軍は完全に解体し、朝鮮は正規軍の無い国となりました。結局日帝はこれという抵抗も受けずに朝鮮を占領する事が出来ました。〓〓〓〓〓〓日本が戦敗国で無い朝鮮の軍隊を武装解除し正規軍を完全に解散したのは、文字通り歴史に嘗て無い強盗宛らの行為です。

こうした歴史の事実にも拘らず今尚日本は、朝鮮に対する植民地支配が恰も朝鮮民族が望んでいたかのように、朝鮮民族の発展に良い影響を与えたかのように歴史を歪曲しています。しかし罪深き歴史は絶対に消す事も覆い隠す事も出来ません。

朝鮮人民は朝鮮民族の発展と利益を無残に踏み躙った日本の過去の犯罪を歴史にそのまま葬らず、必ず血の代償を支払わせるでしょう。

(世界と朝鮮―史実)

RIGHT:'''2022.07.31 サイト音声の聞き書き、一部不明'''
#br
LEFT:[[朝鮮軍を強制解散させた日本帝国主義者の罪な行為]]、[[朝鮮軍隊の強制解体]]、[[日帝による朝鮮軍の強制解散]]、[[歴史にかつてない横暴]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(世界と朝鮮―史実 2022.07.21 サイト音声の聞き書き)
//220801_強盗さながらの朝鮮軍解散


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS