#author("2021-08-22T19:47:43+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-08-23T19:14:25+09:00","default:pop hok","pop hok")
*引き継がれる先軍の道 [#cea25cb0]
敬愛する金正恩元帥は朝鮮人民軍最高司令官として元日に''近衛ソウル・リュ・ギョンス第105戦車師団''を訪ねることから人民軍部隊視察を始め、一年中、先軍の道を歩み続けました。

第105戦車師団はペクトゥ山((白頭山(백두산)))の偉人である金日成主席と金正日総書記の指導を一番多く受けた軍部隊の一つなので金正恩元帥の期待と信頼は格別のものでした。軍部隊を訪れた元帥は、第105戦車師団はその名を呼ぶだけで総書記の体臭と体温が感じられると熱く言いました。

そして、部隊の戦闘準備と軍人の生活に細かく気を配りました。金正恩元帥は厳冬の寒さもいとわず、次から次へと人民軍部隊を訪ねました。そして、塹壕で兵士と生死を共にし、兵士のために尽くすのが自分の決心だとし、兵士たちを励ましました。

南西前線地区のある軍部隊を訪ねた2月のことです。元帥は敵と対峙している最前線の兵士たちが労働党と革命への限りない忠誠心を胸に防御地帯を砦に変え、敵のいかなる不意打ちも即時粉砕できる用意ができていることに大きな満足の意を表しました。

そして、将校のために兵士がいるのではなく兵士のために将校がいるということを肝に銘じて、指揮官は常に兵士たちを大事な革命の同志、戦友だと思い、兵士のために尽くす軍人大衆の真の忠僕になるべきだと教えました。

元帥は一年中、このように先軍の道を歩み続けました。朝鮮西海の最前線を守っているチョ島((椒島(초도)))防御隊、朝鮮東海の最前線を守っているリョ島防御隊、南西前線の最南端、最大緊張地域にある島防御隊、前線東部の各軍部隊、そして、''柿の木の中隊''((第4302軍部隊傘下のカムナム(柿の木)中隊。東海岸にある女性対艦砲部隊。))と、次々と軍部隊を視察しました。

''チェ・ミョンオク''さんのお話です。
>「金正恩最高司令官が年初から歩み続けた先軍の道は金正日総書記そのままでした。険しい山や荒波の海を総書記の足跡をたどって行きました。最高司令官は私がいた柿の木の中隊も訪ねました。金正日総書記に再会するようで私の心は中隊へと馳せました。敬愛する金正恩元帥を最高司令官に戴いて金正日総書記の先軍の道はそのまま続いているのだと思うと、再び軍に服務したい気持ちです」

本当に金正恩最高司令官がいて金正日総書記の先軍革命指導はそのまま引き継がれ、社会主義朝鮮は軍事力によってしっかり守られているのです。
#ref(IKE121101018_12.jpg,wrap,170x120)
//IKE121101018_22.jpg
//IKE121101018_32.jpg

RIGHT:'''2012年の記事'''
LEFT:[[第105戦車師団]]&br;
''柿の木の中隊'':[[ペクトゥ山の偉人たちと柿の木の中隊]]、[[いつも兵士たちと共に]]、[[柿の木の中隊]]、[[柿の木の中隊と共に]]、[[柿を手にして写真を撮る]]、[[萎れないハマナスの花のように]]、[[女性活動家への信頼]]、[[女性兵士たちの写真]]、[[女性兵士に注がれた愛情]]、[[代を継いで最高司令官に恵まれています]]、[[代を継いで最高司令官に恵まれました]]、[[天が授けた偉人たちを戴いて永遠なる朝鮮の青年デー]]、[[張り合いある兵士時代を思う]]、[[不世出の偉人たちの許で]]、[[双子の兄妹にまで]]、[[恵まれた女性の兵士]]
''柿の木の中隊'':[[ペクトゥ山の偉人たちと柿の木の中隊]]、[[いつも兵士たちと共に]]、[[その日のことが忘れられません(キム・ソンミ)]]、[[柿の木の中隊]]、[[柿の木の中隊と共に]]、[[柿を手にして写真を撮る]]、[[萎れないハマナスの花のように]]、[[女性活動家への信頼]]、[[女性兵士が歌う歌]]、[[女性兵士たちの写真]]、[[女性兵士に注がれた愛情]]、[[代を継いで最高司令官に恵まれています]]、[[代を継いで最高司令官に恵まれました]]、[[天が授けた偉人たちを戴いて永遠なる朝鮮の青年デー]]、[[張り合いある兵士時代を思う]]、[[不世出の偉人たちの許で]]、[[双子の兄妹にまで]]、[[恵まれた女性の兵士]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS