#author("2021-12-17T18:30:23+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2023-02-10T21:52:54+09:00","default:pop hok","pop hok")
*延べ66万9844キロメートル [#b53a0709]
''延べ66万9844キロメートル''、これは偉大な金正日国防委員長が生涯を通して歩み続けた現地指導の道のりです。およそ地球を17周したも同じその道で、金正日国防委員長が訪れたところは1万4290ヶ所に及びます。

チュチェ49(1960)年8月25日の初の軍指導から始まり、国防委員長は、武力部門の多くのところを訪れました。特に共和国が最も困難な時の1990年代中ごろから、生涯を閉じるまでの先軍革命指導期間、2490以上のところを訪れています。

国防委員長はチュチェ53(1964)年6月19日、朝鮮労働党中央委員会で活動を始めました。それ以来、党活動はもとより、政治、経済、文化の各部門が変革し始め、社会主義建設の全ての部門で大飛躍が遂げられました。

チュチェ84(1995)年1月1日、金正日国防委員長は小松林の人民軍のある部隊((タバクソル(다박솔)=金正日総書記はチュチェ84(1995)年1月1日、朝鮮人民軍第214部隊タバクソル哨所を現地指導した。先軍政治を開始したとされる。タバクソルは、一般的には、青く茂った若い松を意味する。文中の「小松林」は、地名。'''(小林よしおの研究室)'''))の視察で、先軍政治を始めました。社会主義偉業を銃で守り、必ず達成しようとの固い意志を胸に、金正日国防委員長は、生涯を閉じるまで先軍革命指導を続けました。その道は35万3576キロメートル以上に達します。その道で人民軍は負けを知らない革命武力に発展し、社会主義強国建設の万年の土台が築かれました。

偉大な生涯の最後の3年間は、人民に全てを尽くした伝説的偉人の英雄的な生涯の総括でした。時代と革命、国と民族に不滅の業績を残して一生涯を炎のように生きた金正日国防委員長は、生涯を閉じるまで列車で執務を取りました。この日々に国防委員長が訪れたところはほぼ1000ヶ所、毎日一ヶ所を訪れたこととなります。

延べ66万9844キロメートル!

革命家、指導者、人間として辛酸を嘗め尽くした金正日国防委員長の献身の道を朝鮮人民は永遠に忘れないでしょう。

(フィーチャー)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211117009_001.jpg,wrap,166x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211117009_002.jpg,wrap,170x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211117009_003.jpg,wrap,150x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211117009_004.jpg,wrap,148x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike211117009_005.jpg,wrap,160x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2021.12.09の記事'''
#br
LEFT:''66万9844キロ'':[[いつも人民のために]]、[[歌詞に込められた人民の思い]]、[[人民のための一生でした]]、[[忘れえぬ日曜日]]
LEFT:''66万9844キロ'':[[いつも人民のために]]、[[歌詞に込められた人民の思い]]、[[人民のための一生でした]]、[[地球を17周した!]]、[[忘れえぬ日曜日]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(フィーチャー)
//211213_延べ66万9844キロメートル
//211216_延べ66万9844キロメートル

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS