#author("2017-03-30T22:24:56+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2020-07-04T17:48:47+09:00","default:pop hok","pop hok")
*幸せな朝鮮の少年団員 [#j7436ebc]
6月6日は''朝鮮少年団員の祝日''です。今、朝鮮人民は子供たちを''国の''「''王様''」と呼んで一番良いものを与え、子供たちを大事にして未来の主人公に押し立てるありがたい朝鮮労働党の歴史を胸熱く思い起こしています。

偉大な金日成主席と金正日総書記は生涯を通して「未来を愛せよ!」と言うスローガンを革命的信条とし、次の世代のために全てを尽くしました。

金日成主席は抗日革命闘争とアメリカの侵略を退ける祖国解放戦争の苦しい時にも次の世代は階級の花、民族の花、人類の花である、この花を立派に育てるのは革命家の聖なる任務だと言って深い関心を寄せました。子供たちと一緒にいる時が一番嬉しいと言って、毎年、''子供たちの迎春公演''も見て、子供たちを熱く思いやった主席でした。

金正日総書記にとっても子供たちはそのまま喜び、誇りでした。チュチェ83(1994)年7月、金日成主席急逝の時から一ヵ月後の8月はじめのある日、労働新聞にソンドウォン国際少年団キャンプ場((松涛園国際少年団キャンプ場(송도원국제소년단야영소)))でキャンプが始まったと言うニュースが載りました。その一年前に、総書記はソンドウォン国際少年団キャンプ場を訪れて、私が決心して子供たちにプレゼントする少年団キャンプ場なので惜しむことがない、ソンドウォン国際少年団キャンプ場のような立派なキャンプ場を子供たちにプレゼントするのは朝鮮にしかないだろうと言って大いに喜びました。

敬愛する金正恩元帥は次の世代を大事にした主席と総書記の志をそのまま引き継いでいます。国事で多忙な中にも元帥はチュチェ101(2012)年の元旦、マンギョンデ革命学院から訪れました。元帥は子供たちが正月をどのように過ごしているかを見たくて来たと言って、子供たちの親になったつもりで一緒に正月を楽しむと言いました。

涙で潤んだ子供たちの真っ赤な顔をなでながら寒い日なのに手袋はなぜはめないのか、手が冷たくないのか優しく聞き、記念写真も撮って、長いこと子供達と一緒にいました。夕闇が迫り、学院を発つ前に元帥は学院の人たちに革命の貴重な宝である子供たちを皆さんに預けると熱く言いました。子供たちは正月も休むことなく学院を訪れて肉親の情を寄せる金正恩元帥を仰いで感謝の涙を流しました。

これだけではありません。元帥はチュチェ103(2014)年4月のある日、前線視察の多忙な中にもソンドウォン国際少年団キャンプ場に立ち寄り、このように改築してとても良い、その甲斐があって革命をするものだと言って明るく笑いました。

チュチェ103(2014)年5月はソンドウォン国際少年団キャンプ場の落成式に出席して子供たちのサッカー試合も観戦し、少年団員のためのモランボン楽団の祝賀公演も催しました。このように金正恩元帥は先軍革命指導の多忙な中にも育ち行く世代のために全てを尽くしています。

子供たちの笑い声が高くてこそ国中が明るくなると言って、親心そのままに省みる元帥の祝福の中、元気に育つ朝鮮の子供たちは世界で一番幸せです。少年団員は先軍革命の継承者、未来の主人公である、未来の朝鮮は少年団員のもので、少年団員の姿に国の未来が映えている、と言う元帥の祝福の言葉は今も国中の軍人と人民の胸を強く打っています。

次の世代をもっとも大事にする金正恩元帥を戴いて栄える朝鮮の未来を担っていく主人公はもっと明るく、元気に育ち、国の前途はばら色に輝いています。

RIGHT:'''2015年の記事'''
LEFT:[[朝鮮少年団]]
LEFT:[[朝鮮少年団]]、[[夢を叶えた少年]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//150606_幸せな朝鮮の少年団員

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS