#author("2020-01-14T20:33:58+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2020-01-16T15:56:21+09:00","default:pop hok","pop hok")
*年初めから増産に励んでいる [#cd5d311f]
歴史的な''党中央委員会第7期第5回総会''で示された革命的路線に従って、今、朝鮮人民は正面突破戦に奮起しています。わけても自立経済を支えている基幹工業部門で早や、実績が上がっています。

金属工業部門が力を発揮してはじめて、工業と農業、基本の建設全般が積極的に進められるということを心に刻んだ金属工業部門では年初めから増産に励んでいます。生産現場に下りて行った金属工業省の人たちは、国内の原料と燃料による製鉄、これを''チュチェ鉄''といいますが、その生産土台を科学的・技術的にさらに完備し、コストを最大限引き下げるための計画に綿密に取り組んでいます。

ファンヘ製鉄連合企業所では初日から銑鉄の生産で成果を上げています。企業所では炉の運営を科学的・技術的に行って1回当りの生産量をはるかに増やしています。高炉職場では酸素熱法による高炉運営の科学化のレベルを高めて、良質の溶銑の方法と1回当りの産量増大の方法を探し出しました。そして技術者と労働者が経験を分かち合い、酸素熱法の高炉の特性に合う溶銑の温度を科学的・技術的に管理するための良いアイデアも見つけ出しました。鋼鉄職場でも100トン級の超高電力電気炉の稼動を正常化して、鋼材をより多く、より早く生産するために励んでいます。ここの人たちは次の交替のために電極を入れ替えて装入時間を減らすなど、助け合い、導きあう集団的革新で、年初めから気勢を上げています。

キムチェク製鉄連合企業所とチョンリマ製鋼連合企業所でも科学技術の力で毎日生産を増やしています。

ポサン製鉄所の人たちも必ず勝利するとの自信を持って、正面突破戦に入りました。第3号回転炉を改築、補修してチュチェ鉄の生産方法をさらに完成し、無煙微粉炭の着火技術を導入すること、新しい耐火材料の研究を深めて回転炉の寿命を増やすことなど今年、このポサン製鉄所で遂行すべき課題は実に膨大なものです。また、不足し、困難なところでやり遂げなければなりません。しかし、ここの人たちは朝鮮労働党創立75周年になる今年を必ずチュチェ鉄の増産で輝かせる熱意で、交替した後も家に向かうのではなく、沸き立つ生産現場にそのまま残って作業に当ることにより、1日の実績を倍以上あげています。

自力更生の革命精神で2020年を金属工業部門で飛躍が遂げられる年にしようとのここの人たちの意志は固く、その勢いは天を突かんばかりです。

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike191211007_001.jpg,wrap,120x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike191211007_002.jpg,wrap,196x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike191211007_003.jpg,wrap,244x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

'''※画像はこちらで切り分けました。'''

RIGHT:'''2020年の記事'''
LEFT:[[朝鮮労働党中央委員会第7期第5回総会>vok191231#r9f18416]]、[[チュチェ鉄>チュチェ思想(主体思想)#qdb3c7ab]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2020.01.10)
//200113_年初めから増産に励んでいる
//200115_年初めから増産に励んでいる(再)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS