#author("2021-09-13T19:20:15+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-09-23T19:09:59+09:00","default:pop hok","pop hok")
*工芸作物の栽培に力を入れている [#p80eb6cd]
朝鮮労働党第8回大会では人民生活を高める為、製糖作物・油脂作物・香料作物・薬草作物・嗜好作物のような工芸作物の生産を増やす事が強調されました。朝鮮では前々から工業部門の原料を十分賄って国の経済を発展させ、人民の食生活を改善する為色々な工芸作物を多く栽培して来ました。工芸作物の生産を増やす上で基本は種子です。朝鮮の気候風土に合い収量の高い優良品種を育種する研究が活発に行われています。

農業研究院の工芸作物研究所の''ハン・ジンス''((聞き書きなので名前は違うかも知れません。))主任の話です。
>「研究所では油脂作物・製糖作物を基本にして繊維作物の研究を行なっています。人民生活に必要な油と砂糖・繊維を解決する為の研究を深め広く栽培して、人民生活を早く安定させ向上させる方向で工芸作物の育種と栽培の研究を行なっています」

別けても糖分の含有量と収量の高いサトウダイコンやサトウアシ(サトウヤシ?)・サトウキビの品種を得る為の研究を深めています。工芸作物の栽培を専門化して生産を増やしています。朝鮮人参と茶・ホップのような工芸作物の専門栽培地で栽培面積を広め、経済的価値の大きい製糖作物であるステビアの栽培量を増やしています。

耕地面積が限られている実情に合わせて工芸作物を畑の縁や畦・道端等にも植え、主作・前作・後作と同時栽培の方法で最大限の収穫を出しています。耕地に向かない土地でのヒマワリやアブラナ等の油脂作物の栽培が大衆挙げての運動で行なわれています。そして全ての道・市・郡で穀物と並んで工芸作物の栽培にも力を入れて生産を増やしています。

2021年から2025年までの5ヵ年計画期間に人民が肌で感じる実際の変化と革新(確信)をもたらそうというのが、朝鮮労働党の揺るぎ無い決心です。

(政策)

RIGHT:'''2021.09.12 サイト音声の聞き書き、一部不明'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(政策 2021.09.12)
//(210912 サイト音声の聞き書き)
//210922_工芸作物の栽培に力を入れている

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS