#author("2018-04-17T20:28:02+09:00","default:pop hok","pop hok")
#attach
#author("2018-04-17T20:29:05+09:00","default:pop hok","pop hok")
*島の分校で40数年 [#ib689cce]
朝鮮西海に''スウン島''と言う小さい島があります。離れ島ではあれ、ここでも文読む子供の声が朗々と響き渡っています。

この島に分校が建てられたのはチュチェ66(1977)年9月のことでした。当時、初の授業の鐘を鳴らした先生が、娘盛りの23歳の''チョン・ヘヨン''さんでした。生徒は僅か5人、こんな離れ島にまで学校を建ててくれた国の恩情にチョンさんは胸を打たれました。

先生を見つめる10の瞳を見ながら、チョンさんは島の子供たちを国の担い手に立派に育てる決心を固めました。娘の先生はのっけから大胆な目標を立てました。子供に豊かな知識を教えるため夜通し教案を作成し、教具もいろいろと作りました。村人たちと力を合わせて運動場をならし、スポーツ機材も立て、陸へ渡れば参考書も持ってきました。

特に、事物現象のイメージが浅い島の子供に実物教育をするため熱心に土を運んできて、実習圃場と教材園を作りました。岩場の島では容易ならぬことで、強い潮風に野菜畑が丸ごと吹っ飛ばされ、一握りの土も残らず尽きてしまったのも一度や二度のことではありませんでした。

ところが、国の美しい未来を育てる宝のような心を持ったチョンさんは諦めませんでした。実習畑の位置を何度も移してフィルムで畑全体を包み、陸から蜂の巣や喋喋をブリキ缶に入れて運んで来ました。各種野菜はもとより水稲、トウモロコシなどの穀物が育つ実習圃場と薄紅アカシアと栗、ケヤキ、くわの木が生い茂る教材園は今、灯台島の自慢です。

また、チョンさんは毎年、学期休みには生徒を連れてピョンヤンを初め国の津々浦々を訪ね、島の子供たちに沸き返る祖国の息吹を胸深く刻み付けました。子供のために全身全霊を打ち込むチョンさんに魅せられ、頼もしい除隊軍人が島に来て伴侶になり、幸せな家庭が生まれました。

いつしか40数年が経ち、チョン・ヘヨンさんは30人ほどの生徒を卒業させました。大きな学校なら1クラスに過ぎない数です。立派な門下生を多く育てるのが教師の誇りだと言いますが、この数字は、チョンさんの献身さと犠牲精神をそのまま見せるものです。

離れ島での40数年間は、チョンさんが人間としてありとあらゆる光栄と幸福に浴した日々でもありました。長い間、次の世代のために尽くした労が買われて高い国家叙勲にも預かり、国レベルの大会にも参加しました。昨年は光栄にも、敬愛する最高指導者金正恩元帥と共に記念写真を撮りました。

国に尽くすだけ輝くのがまさに社会主義朝鮮での人生なのです。

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180312020_001.jpg,wrap,98x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180312020_002.jpg,wrap,150x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE180312020_003.jpg,wrap,80x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2018年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2018.04.16)


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS