#author("2021-04-09T20:53:00+09:00","default:pop hok","pop hok")
*小松林の中隊と共に [#pf9d9ec8]
''小松林の中隊''((タバクソル(다박솔)=金正日総書記はチュチェ84(1995)年1月1日、朝鮮人民軍第214部隊タバクソル哨所を現地指導した。先軍政治を開始したとされる。タバクソルは、一般的には、青く茂った若い松を意味する。文中の「小松林」は、地名。'''(小林よしおの研究室)'''))、つまり小松林の中にある人民軍のある中隊のことですが、ここは、偉大な金正日総書記の先軍革命指導の歴史と共に朝鮮人民の心に中に大事にしまわれています。歴史のその日は、チュチェ84(1995)年1月1日でした。

偉大な金日成主席が急逝した1994年が過ぎて迎えたこの年の元旦に金正日総書記は、人民軍のある砲兵中隊を訪れました。思いの他、中隊に総書記を迎えた軍人たちは、声を限りに万歳の歓呼を上げました。軍人たちに暖かい新年の挨拶をした総書記は、小松林に包まれた駐屯地の全景を眺め、ここは小松林の中隊だと情を込めて言いました。

この日、冷たい風吹く山の上で軍人の訓練を見た総書記は、全ての中隊がこのように実戦さながらの訓練をすれば、人民軍全体が一騎当千の鋼鉄の隊伍にさらに固まるだろうと言いました。だいぶ時間が経ちましたが、総書記は部隊の戦闘力を強め、軍人の生活を改善するための具体的な対策を取り、軍人と共に記念写真も撮りました。

中隊から帰った後、金正日総書記は人民軍の指揮官たちに、今日、革命の銃を握り締めて社会主義の国を鉄壁の如く守る軍人の姿に大いに励まされた、これからも、塹壕の土の匂いも嗅ぎ、軍人と生死、苦楽を共にし、砲煙弾雨も一緒にくぐる最高司令官になるつもりだ、人民軍をさらに強め、銃をもって革命の最終的勝利を収める決心を持って、元旦、小松林の中隊を訪れた、と言いました。

当時、工場や農場でなく、人民軍部隊を訪れた総書記の歴史的な選択肢について、誰も考え及ぶことができませんでした。この日の視察は、自分の政治が軍事重視の政治であることを演説や公の宣言なしに世界に告げた歴史的な出来事でした。

小松林の中隊と共に総書記が生涯を閉じるまで訪れた武力部門の数は、2490余りに達しています。チュチェ85(1996)年3月20日の一日だけでも、前線東部の人民軍部隊を視察し、直接ハンドルを握って400キロメートル以上を走りました。

金正日総書記が歩み続けた先軍の道があって、朝鮮の社会主義がしっかり守られ、人民の幸福が花と咲きました。

(フィーチャー)

#ref(ike210310038_001.jpg,wrap,236x120)

RIGHT:'''2021.04.08の記事'''
LEFT:[[小松林の中の人民軍部隊]]、[[小松林の中の中隊が伝える話]]、[[小松林の中の部隊が伝える話]]、[[元旦に訪ねた部隊]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(フィーチャー 2021.04.08)


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS