#author("2019-08-23T12:58:35+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-04-09T20:52:21+09:00","default:pop hok","pop hok")
*小松林の中の部隊が伝える話 [#n18d3bfa]
今、朝鮮は世界的な核強国、ロケット盟主国の地位を堂々と占めています。国力が強まるほど朝鮮人民は先軍革命指導で社会主義朝鮮を必勝不敗の強国につくった偉大な金正日総書記の不滅の業績を胸熱く思い起こしています。

チュチェ84(1995)年、朝鮮人民は民族の父と呼び慕った偉大な金日成主席をなくした後の新年を迎えました。こうした時、金正日総書記は人民軍軍人と人民に、皆が主席の戦士、主席の教え子らしくわが国、わが祖国を更に富強にするため心も意志も一つにして奮闘しようと言う歴史的な直筆の書簡を送り、その足で''小松林の人民軍部隊''((タバクソル(다박솔)=金正日総書記はチュチェ84(1995)年1月1日、朝鮮人民軍第214部隊タバクソル哨所を現地指導した。先軍政治を開始したとされる。タバクソルは、一般的には、青く茂った若い松を意味する。文中の「小松林」は、地名。'''(小林よしおの研究室)'''))を訪れました。

思いがけないことに総書記に会った軍人たちは嵐のような万歳の歓呼を上げました。総書記は明るい笑みを湛えて軍人たちの歓呼にこたえました。そして小松林の中の部隊の全景を眺めました。総書記は小松林の中の中隊、こうしたところを小松林の中の中隊だと呼んでいますと言いました。ついで軍人たちの訓練を見た総書記は全ての中隊がこのように戦闘訓練を実戦さながらに行えば人民軍が一当百,一騎当百の鋼鉄の部隊に更に強まるだろうと言いました。

小松林の中の人民軍の中隊に対する視察を行ったこの日、金正日総書記は私はこれからも人民軍兵士たちと共に土の匂いもかぎ、砲煙が立ち込める戦場で兵士たちと生死と苦楽を共にする最高司令官になる、と言いました。小松林の中の人民軍部隊に対する総書記のこの日の視察は、朝鮮人民に大きな力と勇気を与え、朝鮮の政治方向を注視していた世界に明確な答えを与えました。

先日、訪朝した''スウェーデン・チュチェ思想研究会''の''オスカル・メレビ''会長は金正日総書記の先軍政治についてこう話しました。
>「朝鮮労働党の先軍政治がなかったなら朝鮮は日増しに強まるアメリカの強権と侵略のいけにえになった国々と同じ惨めな運命に陥ったでしょう。偉大な金正日総書記の先軍政治は敬愛する最高指導者金正恩元帥によってそのまま引き継がれています。先軍政治の威力は朝鮮で余すところなく誇り示されています。金正恩元帥がいて、朝鮮人民は未来を確信しています」

小松林の中の人民軍部隊に対する金正日総書記の先軍革命指導があって、社会主義強国建設で輝く今が明けて来ました。

#ref(IKE170710003_007.jpg,wrap,125x120)

RIGHT:'''2017年の記事'''
LEFT:[[小松林の中の中隊が伝える話]]、[[小松林の中の人民軍部隊]]、[[元旦に訪ねた部隊]]
LEFT:[[小松林の中の中隊が伝える話]]、[[小松林の中の人民軍部隊]]、[[小松林の中隊と共に]]、[[元旦に訪ねた部隊]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//170819_小松林の中の部隊が伝える話
//170820_小松林の中の部隊が伝える話
//170823_小松林の中の部隊が伝える話

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS