#author("2021-08-22T19:43:23+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-08-23T19:11:20+09:00","default:pop hok","pop hok")
*女性兵士に注がれた愛情 [#va823a77]
偉大な金正日総書記が生涯歩み続けた先軍の道は、兵士への愛情でつづられた道でした。総書記はいとしいわが息子、娘だと呼んで父親のように兵士一人一人を愛し、大事にし、運命を守りました。

チュチェ95(2006)年の早春のある日のことです。前線視察の途上にあった金正日総書記は、ある女性兵士が不慮の事故で目を負傷したとの報告を受けました。その兵士は、国中に「''柿の木の中隊''((第4302軍部隊傘下のカムナム(柿の木)中隊。東海岸にある女性対艦砲部隊。))」で知られているある海岸砲中隊の一兵士で、アコーディオンがとても上手でした。総書記が中隊を訪れたら一当百の海岸砲兵に成長した姿もお見せし、芸術活動でも一役買っていることを自慢して総書記に喜んでいただきたい一念で軍務に服していた若い兵士でした。

ところが、人間にとって大事な片方の目を負傷したのですから、その苦しみたるや筆舌に尽くしがたいものでした。兵士の不幸に誰よりも胸を痛めたのは金正日総書記でした。総書記はすぐさま、兵士が外国の権威ある病院で治療を受けるよう措置を取りました。

総書記は女性が大事な青春時代を国の防衛に捧げることだけでも立派なことなのに、軍隊服務中に怪我したのを知ってわれわれが手を拱いている訳にはいかない、その兵士の目の治療のため万全の策を講じてこそ少しは気が安まるようだ、と言いました。

その言葉に、そばの人たちは喉を詰まらせました。総書記の配慮はそれにとどまりませんでした。外国で治療を受ける間の必需品も揃えてやるようにし、入院生活で些細な不便もないよう具体的な対策までたてました。

一人の兵士にめぐらされる計り知れない恩情に、外国の病院の医師たちは、あなたは金正日最高司令官とどんな関係なのか、もしや親戚なのではないかと聞くほどでした。そのような質問を受けるたびに女性兵士は、私は最高司令官を父親のように信じて従う朝鮮の普通の兵士です、最高司令官は私たち軍人皆のお父さんなのです、と涙ながらに語りました。

その偉大な愛情に支えられて、兵士は元の美しい顔を取り戻すことが出来ました。

金正日総書記が一人の兵士に注いだ熱い愛情の話は、核兵器よりも強い軍隊と人民の一心団結がどこに根差しているかを諭しながら、伝説のように語り伝えられています。

RIGHT:'''2014年の記事'''
#br
LEFT:[[ペクトゥ山の偉人たちと柿の木の中隊]]、[[いつも兵士たちと共に]]、[[柿の木の中隊]]、[[柿の木の中隊と共に]]、[[柿を手にして写真を撮る]]、[[萎れないハマナスの花のように]]、[[女性活動家への信頼]]、[[女性兵士たちの写真]]、[[代を継いで最高司令官に恵まれています]]、[[代を継いで最高司令官に恵まれました]]、[[天が授けた偉人たちを戴いて永遠なる朝鮮の青年デー]]、[[張り合いある兵士時代を思う]]、[[引き継がれる先軍の道]]、[[不世出の偉人たちの許で]]、[[双子の兄妹にまで]]、[[恵まれた女性の兵士]]
LEFT:[[ペクトゥ山の偉人たちと柿の木の中隊]]、[[いつも兵士たちと共に]]、[[その日のことが忘れられません(キム・ソンミ)]]、[[柿の木の中隊]]、[[柿の木の中隊と共に]]、[[柿を手にして写真を撮る]]、[[萎れないハマナスの花のように]]、[[女性活動家への信頼]]、[[女性兵士が歌う歌]]、[[女性兵士たちの写真]]、[[代を継いで最高司令官に恵まれています]]、[[代を継いで最高司令官に恵まれました]]、[[天が授けた偉人たちを戴いて永遠なる朝鮮の青年デー]]、[[張り合いある兵士時代を思う]]、[[引き継がれる先軍の道]]、[[不世出の偉人たちの許で]]、[[双子の兄妹にまで]]、[[恵まれた女性の兵士]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//140325_女性兵士に注がれた愛情
//150825_女性兵士に注がれた愛情

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS