#author("2017-03-21T21:34:58+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-04-14T00:00:12+09:00","default:pop hok","pop hok")
*国際金正日賞 [#c864acd1]
''国際金正日賞''は、''国際金正日賞理事会''で制定し、授ける賞です。チュチェ101(2012)年11月9日、国際金日成賞理事会書記長で''チュチェ思想国際研究所理事長''であった''ビシュワナス氏''の発案と努力によって、国際金正日賞理事会がニューデリーで発足しました。
''国際金正日賞''は、''国際金正日賞理事会''で制定し、授ける賞です。チュチェ101(2012)年11月9日、''国際金日成賞理事会書記長でチュチェ思想国際研究所理事長であったビシュワナス氏''の発案と努力によって、国際金正日賞理事会がニューデリーで発足しました。

発足後、国際金正日賞理事会は、偉大な金正日総書記の朝鮮人民軍最高司令官任命21周年の日であるチュチェ101(2012)年12月24日、国際金正日賞制定の決定を公布しました。

国際金正日賞は、人類の思想史と世界の自主化偉業に不滅の貢献をした偉大な金正日総書記の気高い業績と革命的生涯を末永く輝かそうとの世界の進歩的な人々皆の願いと志向を込めて、制定された名誉賞です。

国際金正日賞受賞者には、賞状と金メダル2個、つまり胸につけるものと首にかけるものがあります。これと賞杯を共に授けます。賞状には、金正日総書記の肖像入りの金メダルが配され、「世界の正義と発展、人間の尊厳と平等、そして国々の間の平和と友好団結に特出した寄与をしたことで国際金正日賞を授ける」と書かれています。

金メダルには、総書記の肖像の下に尊名のレリーフ文字があります。

国際金正日賞杯は、ペクトゥ山&note{白頭:白頭山(백두산)};の総書記の生家とペクトゥ山の天池が、珍奇なサファイアとルビーをちりばめて、美しく優雅で繊細な金工で巧みに飾られています。

また、地球を取り巻く帯に「自主」、賞杯の台の前に「国際金正日賞理事会」と書かれており、後ろには受賞者の名と理事会の授賞決定の日付を記すようになっています。

チュチェ102(2013)年8月5日、''赤道ギニア共和国''の''オビアン・ヌゲマ・ムバソゴ大統領''にこの賞が授けられました。ムバソゴ大統領は、大きな誇りと喜びの中、国際金正日賞を受けた、この賞は自主性を守り、堅持するために闘っている世界の人々みなにとって光栄の至りだ、とその感動を表しました。

不世出の政治家、鋼鉄の総帥、人民の優しい父であり、偉大な人間である金正日総書記。

国際金正日賞と共に、その不滅の業績と貴い生涯は、支配と従属、侵略と戦争のない自主的で平和な新しい世界を目指す進歩的な人々の心の中に永遠に刻まれ、光り輝くでしょう。
//IKE141110035_12.jpg
//IKE141110035_22.jpg
//IKE141110035_32.jpg
//IKE141110035_42.jpg
//IKE141110035_52.jpg

RIGHT:'''2014年の記事'''
#br
----
//国際金正日賞2
''国際金正日賞''は、''国際金正日賞理事会''で制定し、授ける賞です。チュチェ101(2012)年11月9日、国際金日成賞理事会書記長で''チュチェ思想国際研究所理事長''であった''ビシュワナス氏''の発案と努力によって、国際金正日賞理事会がニューデリーで発足しました。
''国際金正日賞''は、''国際金正日賞理事会''で制定し、授ける賞です。チュチェ101(2012)年11月9日、''国際金日成賞理事会書記長でチュチェ思想国際研究所理事長であったビシュワナス氏''の発案と努力によって、国際金正日賞理事会がニューデリーで発足しました。

発足後、国際金正日賞理事会は、偉大な金正日総書記の朝鮮人民軍最高司令官任命21周年の日であるチュチェ101(2012)年12月24日、国際金正日賞制定の決定を公布しました。

国際金正日賞は、人類の思想史と世界の自主化偉業に不滅の貢献をした偉大な金正日総書記の気高い業績と革命的生涯を末永く輝かそうとの世界の進歩的な人々皆の願いと志向を込めて、制定された名誉賞です。

国際金正日賞受賞者には、賞状と金メダル2個、つまり胸につけるものと首にかけるものがあります。これと賞杯を共に授けます。賞状には、金正日総書記の肖像入りの金メダルが配され、「世界の正義と発展、人間の尊厳と平等、そして国々の間の平和と友好団結に特出した寄与をしたことで国際金正日賞を授ける」と書かれています。

金メダルには、総書記の肖像の下に尊名のレリーフ文字があります。

国際金正日賞杯は、ペクトゥ山&note{白頭:};の総書記の生家とペクトゥ山の天池が、珍奇なサファイアとルビーをちりばめて、美しく優雅で繊細な金工で巧みに飾られています。

また、地球を取り巻く帯に「自主」、賞杯の台の前に「国際金正日賞理事会」と書かれており、後ろには受賞者の名と理事会の授賞決定の日付を記すようになっています。

不世出の政治家、鋼鉄の総帥、人民の優しい父であり、偉大な人間である金正日総書記。

国際金正日賞と共に、その不滅の業績と貴い生涯は、支配と従属、侵略と戦争のない自主的で平和な新しい世界を目指す進歩的な人々の心の中に永遠に刻まれ、光り輝くでしょう。

RIGHT:'''2016年の記事&note{:2014年にはあった赤道ギニア共和国大統領の記述が消えている};'''
LEFT:[[国際金日成賞]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS