#author("2019-07-30T17:45:34+09:00","default:pop hok","pop hok")
*「朝鮮の声」が国際赤十字・赤新月社連盟事務総長にインタビューしました [#ve9991e7]
''国際赤十字・赤新月社連盟事務総長エルハッジ・アマドゥ・シイ''さん。
>「わが連盟に191ヶ国の赤十字・赤新月社が加盟していますが、朝鮮民主主義人民共和国赤十字社もその中の1つです。私たちは古くから信頼と尊重に基づいた協力関係を結んでいます。連盟の正式メンバーを持っている共和国に来て、共に国際赤十字・赤新月社連盟創立100周年を記念し、これまでの活動から教訓を得て、また最も肝心なのはこれから人民の要求にもっと多く、もっとよく反応するためパートナーシップを強めるのは絶好のチャンスとなります。私たちは朝鮮民主主義人民共和国赤十字会との協力プロジェクトが進められている地域を訪ねてみました。そこで責任感の強い人たちを目の当たりにしました。みなが国際赤十字・赤新月社連盟の協力を待っているのでなく、自力でやっていました。これが真の意味での自力更生です。本当に驚きです。生産品の結果も感嘆すべきものでした。一方、滞在期間、朝鮮式の歓待と朝鮮の文化を肌で感じました。夕べは大マスゲーム・芸術公演を見ましたが、深い感動を覚えました。一連の問題を取り扱っているだけでなく、共和国人民の実生活を表していました。希望と尊厳、これからのよりよい生活のための奮闘振りを示しました。これらすべてはとても立派な経験でした。また朝鮮民主主義人民共和国赤十字会の雅量と歓待、偉大な協力精神の表れだと思います。先にも触れましたが、仕事をするのは共和国人民であり、私たちの寄与はその人たちへの素朴な支援となります。このたび、私にメダルを授けてくれたことに感謝し、人民の要求を実現するためより多くのこと、より良いことをしなければ、と言う義務感を新たにするものです」

(2019.07.29 ニュースハイライト)

#ref(img_news190729_01.jpg,wrap,213x120)

RIGHT:'''2019.07.29 サイト動画の字幕抜書き'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(サイト動画の字幕抜書き ije190725001.mp4)
//国際赤十字・赤新月社連盟事務総長にインタビュー


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS