#author("2020-09-10T17:53:43+09:00","default:pop hok","pop hok")
*国号にまつわる話 [#aa534372]
チュチェ37(1948)年9月9日は、朝鮮民主主義人民共和国が創建された日です。

20世紀の初め、日帝の植民地となり、その名まで奪われた朝鮮は偉大な金日成主席が国を取り戻し、朝鮮民主主義人民共和国を創建して、自主的な社会主義国、人民大衆中心の社会主義国としてその名を馳せることが出来ました。

朝鮮民主主義人民共和国!

共和国の国号には国家建設と活動で自主の路線を堅持し、すべてを自らの力によって切り開こうとの自主的性格が反映されています。また国家の民主主義的で、人民的な性格が反映されています。ここで「民主主義」は自由と幸福への人民大衆の願いと共に、朝鮮革命の当面の任務と根本目的が反映され、「人民」と言う表現は人民が国家と社会の主人となり、すべてが人民に奉仕する人民の国だということが反映されています。

共和国の国号には、この地に尊厳ある自主の強国、人民の国を建てようとの金日成主席の崇高な意志が込められています。

チュチェ37(1948)年7月初めのある日、金日成主席は国号の制定問題を協議するため関係者を呼びました。主席は、朝鮮民主主義人民共和国という国号は、憲法の討議の際、人民みなの絶大な支持と賛同を得ている、われわれは党を創立する時、党の政治路線に民主主義人民共和国の創建を明記し、その実現のために粘り強く闘って来た、国号を正しく制定するためには革命の根本目的と当面の任務を考慮すべきで、どこまでも自国の実情に合わせて行わなければならない、と言いました。

そして一部の不純分子が国号を人民共和国、あるいは人民という言葉を抜いて民主主義共和国にしなければならないと主張する時にも、国号を「朝鮮民主主義人民共和国」とするのが最も合理的だとしました。国号の制定においてあくまで自主的立場、人民的立場に立っていた主席でした。朝鮮の国号はこうして生まれました。

栄えある国-朝鮮民主主義人民共和国!

共和国の聖なる国号と共に共和国の創健者、社会主義朝鮮の始祖で、永遠なる国家主席である金日成主席の不滅の建国の業績はいついつまでも輝くでしょう。

(偉人伝)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200812017_001.jpg,wrap,150x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike200812017_002.jpg,wrap,157x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2020年の記事'''
LEFT:[[国号に秘められた愛国の意思]][[国号の真の意味を諭し]]、[[愛国の心が映える国号]]、[[建国と共に伝わる話]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(偉人伝 2020.09.09)



トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS