#author("2022-04-09T19:10:38+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-09-20T21:44:26+09:00","default:pop hok","pop hok")
*国の防衛は家庭の幸せ [#t5c23b94]
ピョンヤン市((平壌市(평양시)))ピョンチョン区域((平川区域(평천구역)))に住む''イム・ジュンホン''さんの家には4つの「''朝鮮人民軍入隊証書''」があります。国を守るのを最大の愛国とみなし、それに家庭の幸せを見出しているイムさんの家ではこの証書を誇りに思っています。イムさん夫婦は4人の息子と娘を人民軍に入隊させました。

人民班((20~40世帯ごとに組織される住民の相互扶助組織。班長、衛生班長、扇動員等が置かれる。学習や自己批判の場を設けて思想を統制するとともに、さまざまな動因をかける末端組織でもあり、密告奨励によって監視システムの一翼をも担っているといわれる。旧ソ連の統治システムと類似しているものだが、日本が1940年に大政翼賛会の末端組織として導入した「隣組」を模倣したとの説もある。'''(ネット上の情報)'''))といって共和国では居住単位の末端組織です、つまりイムさんの住んでいる人民班ということです、その人民班の班長''ヤン・ヒスク''さんのお話です。
>「本当にえらい家庭です。すでに長男が人民軍に服務しているので周りの人たちは3つ子、この家で長男の下は三つ子です、その三つ子だけは大学に入学させることと思っていました。ところがイムさん夫婦は大学より、人民軍に入隊させるのでした」

イムさん夫婦は家庭の幸せより国の運命をまず思っていました。イムさん夫婦は社会主義制度の下で何うらやむものなく子どもたちを育てました。それでありがたいこの国がなければ、家庭の幸せも未来も無いと言うことを痛感していました。そして実生活を通じて国は銃によってのみ守ることが出来るということをはっきりと知っていました。

お母さんの''リ・ソンファ''さんのお話です。
>「もちろん、三つ子を膝元に従えては、と言う考えがなくはありませんでした。しかし、主人は、子どもたちが生まれた時を忘れてはいけない、かつて日帝に国を奪われた時は双子が生まれると飢え死にしてしまうと涙を流したじゃないか、しかし私たちは国の配慮で、一銭のお金も払わずに、贈り物と補薬、薬品までもらいながら子どもたちを育てたじゃないか、本当のことを言えば、私たちは子を生んだだけで国が育てたも同じだ、ところが今、アメリカと南朝鮮傀儡集団がありがたい社会主義のこの国を崩壊させようと、虎視眈々と狙っているのに子供たちを可愛がることばかり考えてはだめじゃないか、と言うのでした」

こうしてイムさんの家の壁には4つの「朝鮮人民軍入隊証書」が並んでかかりました。親たちの愛国心をそのまま受け継いでいるので子供たちが服務に励んでいると言う嬉しい便りが部隊からよく届いています。その度に、イムさん夫婦は子供たちに負けてはと仕事にいっそう精を出し、子供たちへの思いも込めて人民軍の支援にも励んでいます。

お父さんのイム・ジュンホンさんのお話です。
>「今もアメリカと南朝鮮傀儡集団は核戦争演習に躍起になっており、また、悪態の限りを尽くしているじゃありませんか。それでうちの子はもちろん、国中の息子娘からなる朝鮮人民軍の軍人たちは最高司令官の命令が下されれば気違いじみたものたちを一撃の下に打ち倒すため、皆がスクランブルの態勢にいるのです。うちの子がアメリカと南朝鮮傀儡集団を一人残らず一掃して英雄になって帰ってくる姿を描いてみますとこの上ない幸せを感じています。私たちもその日を一日も早く繰り上げるため、人民軍の支援と仕事にもっと頑張りたいと思っています」

国の防衛に幸せを見出すこのような家庭が大勢いるので共和国はさらに強くなり、民族の自主権と尊厳は変わることなく守られることでしょう。

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE130305006_12.jpg,wrap,100x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE130305006_22.jpg,wrap,113x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE130305006_32.jpg,wrap,94x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(IKE130305006_42.jpg,wrap,105x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)
//IKE130305006_52.jpg
//IKE130305006_62.jpg

RIGHT:'''2013年の記事'''
#br
LEFT:[[2020年の三つ子]]、[[サムジヨン市の三つ子の姉妹]]、[[テドン郡の三つ子]]、[[三つ子と共に撮った写真]]、[[三つ子の我が家]]、[[三つ子の軍人たち]]、[[愛情の伝説]]、[[家庭の自慢]]、[[才能を伸ばしている三つ子]]、[[総書記と三つ子の姉妹]]、[[恵まれた三つ子]]、[[恵まれた三つ子たち]]、[[列車で出会った500回目の三つ子の母]]
----
-2020.02.04 [[今年初の三つ子がピョンヤン産院から退院しました>vok200204#hbec11ad]]
-2020.03.21 [[ピョンヤン産院で500回目の三つ子が生まれました>vok200321#r49ef552]]
-2020.03.30 [[銀の飾り刀と金の指輪を家宝として大事にしています>vok200330#k6d39149]]
-2020.07.23 [[ピョンヤン産院で506番目の三つ子が生まれました>vok200723#qe2a0e36]]
-2020.10.07 [[ピョンヤン産院で生まれたキムチェク市の三つ子が退院しました>vok201007#vb7997d2]]
-2021.05.26 [[ピョンヤン産院から513番目の三つ子が退院しました>vok210526#ua8a4405]]
-2021.07.22 [[ピョンヤン産院で三つ子が無事退院しました>vok210722#gc659649]]
-2021.11.05 [[ピョンヤン産院から三つ子が退院しました>vok211105#kc035d72]]
-2022.04.08 [[ピョンヤン産院から522番目の三つ子が退院しました>vok220408#of915d5b]]
-2022.09.19 [[ピョンヤン産院から530番目の三つ子が退院しました>vok220919#p970420e]]
----
#include(vok_navi01,notitle)
//130423_国の防衛は家庭の幸せ
//130424_国の防衛は家庭の幸せ

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS