#author("2018-02-04T20:49:06+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-01-28T21:29:02+09:00","default:pop hok","pop hok")
*名だたる建築家 [#v44a0368]
朝鮮には才能ある知識人が多くいます。国と人民のために献身的に尽くす知識人の中には''ピョンヤン都市設計研究所''の''コ・インス''さんもいます。

チュチェ102(2013)年11月、敬愛する最高指導者金正恩元帥はコさんが設計したサムジヨン学生少年宮殿を現地指導しました。サムジヨン学生少年宮殿は非のうちどころがないと言って明るく微笑んだその日の元帥の姿が浮かんでくるたびに、コさんは光栄と幸福の中で名だたる建築家に成長した過ぎし日々のことを感慨深く振り返ってみました。

コさんは''幼年時代を日本で過ごしました''。貧しい生活のコさん一家にとって自分の家と言うのはただの夢でした。コさんの夢は建築家になることでした。しかし、世知辛い世の中でコさんの希望は叶えられませんでした。学校で秀才に認められていた長兄が父と共にとび職に従事しなければならない悲惨な現実と花盛りに豆腐を入れた大きなたらいをいつも頭に載せて歩いたので髪の毛が疎らになった姉の哀れな姿を見て、コさんは、自分の夢が到底実現できないむなしいことであることを骨身にしみるほど感じました。

このようなコさんに学びの道を開いてくれたのは偉大な金日成主席でした。

チュチェ50(1961)年、祖国に来たコさんは希望通り、今のピョンヤン建築総合大学で思う存分勉強することができました。大学を卒業して初めて受け持ったラクウォン映画館の設計から頭角を現し始めたコさんは、その後、ピョンヤンのクァンボク通り((光復通り(광복거리)))に建てられる''マンギョンデ学生少年宮殿''の設計に加わり、偉大な金正日総書記の指導を受けることになりました。その時、総書記は建築家たちの設計図を詳しく見て、不十分な点を1つ1つ指摘し、修正案まで細かく教えました。
チュチェ50(1961)年、祖国に来たコさんは希望通り、今のピョンヤン建築総合大学で思う存分勉強することができました。大学を卒業して初めて受け持ったラクウォン映画館の設計から頭角を現し始めたコさんは、その後、ピョンヤンのクァンボク通り((光復通り(광복거리)))に建てられるマンギョンデ学生少年宮殿の設計に加わり、偉大な金正日総書記の指導を受けることになりました。その時、総書記は建築家たちの設計図を詳しく見て、不十分な点を1つ1つ指摘し、修正案まで細かく教えました。

その後、完成図をみた総書記はクァンボク通りに建てられる建物の中で、マンギョンデ学生少年宮殿の設計が一番よくできたとし、コさんが偉大な金日成主席と共に記念写真を撮るよう配慮しました。マンギョンデ学生少年宮殿の竣工式に臨席した主席は、マンギョンデ学生少年宮殿がとても見事です、設計も素晴らしく、立派に建てました、マンギョンデ学生少年宮殿は世界に1つしかない宮殿です、と高く評価しました。

コさんはこれまでの数十年間、ピョンヤン第1百貨店、ムンス通り((紋繍通り(문수거리)))、チョンリマ通り((千里馬通り(천리마거리)))の第2段階、クァンボク通り、3大革命展示館など、数多くのプロジェクトに加わって大きな手柄を立てました。総書記は、コさんが設計した時代を代表する建築を見て、何度も評価しました。総書記の深い信頼に報いる一念でコさんは胸を燃やしました。

サムジヨン((三池淵(삼지연)))地区の建設が始まると言うことを聞いたコさんは、誰よりも先に現場に赴き、革命の聖地を立派につくることに心血を注ぎました。報いる思いで頑張ってきたコさんの情熱が込められた宮殿を見た元帥は宮殿の外観がユニークです、コさんは功労のある建築家です、と高く評価しました。

''労働英雄''と''功労設計家の称号''を受けたコ・インスさんのお話です。
>「その恩愛と信頼をいつも胸に、生涯を閉じるまで国の繁栄のために力を振り絞り、知恵と情熱の限りを尽くすつもりです」

'''※画像は無し'''

RIGHT:'''2018年の記事'''
LEFT:[[万景台学生少年宮殿]]
LEFT:[[1390件あまりの完成予想図]]、[[明日を描いていく人たち]]、[[幸せな建築家]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(偉人伝 2018.01.26 画像なし)
//180203_名だたる建築家

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS