#author("2019-10-10T20:35:35+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2019-10-11T18:26:57+09:00","default:pop hok","pop hok")
*労働党を創立して [#d757a27b]
今、''朝鮮労働党''は不抜の革命的党として人民の絶大な支持と信頼を受けています。10月10日は朝鮮労働党の創立74周年になる日です。歴史のこの日を迎え、朝鮮人民は党創立の偉業を見事に実現した偉大な金日成主席の不滅の業績を感慨深く振り返っています。

金日成主席は革命に参加した当初から、革命的な党を創立するには全てのことを新しく、独創的にやるべきだとの思想を示し、チュチェ15(1926)年10月17日、''打倒帝国主義同盟''を結成しました。これは前の党と異なるチュチェ型の革命的な党創立の起点となりました。

その後、主席は初の党組織である''建設同志社''を結成しました。そして、抗日武装闘争の厳しい日々に、人民革命軍党委員会が朝鮮革命全般を導く整然たる組織指導システムを構築しました。こうして、抗日革命の時にチュチェ型の革命的党の建設に心血を注ぎ、強固な土台と豊かな経験を得たので、主席は朝鮮の解放後、複雑な政治情勢の下でも党創立の偉業を見事に実現することができました。

''朝鮮革命博物館''の''シム・ウンスク''さんのお話です。
>「日帝の植民地支配から解放された後、朝鮮では党創立が差し迫った課題となりました。人民生活が落ち着かず、様々な主義主張を唱えるえせ愛国者のため、政局は混迷していました。親日派と民族の裏切り者など人民の敵は、南朝鮮を占領した侵略者と結託し、裏で刃を研いで機会を狙っていました。厳しい政局は、人民を導く革命の政治的参謀部、労働者階級の革命的な党を一日も早く創立することを求めていました」

金日成主席はチュチェ34(1945)年8月20日、党創立のための革命的な方針を全面的に示しました。また、抗日革命闘争のときに自ら育成した中核分子を各地方に遣わして地方の党組織を整備、拡大し、分散的に活動していた国内の革命家を結束して党創立の準備を進めました。

チュチェ34(1945)年10月5日、ピョンヤンで党創立の準備を最終的に締めくくる予備会議が開かれました。金日成主席が育てた中核分子や抗日革命家、地方の党組織の代表、各地で活動する革命家が一堂に会して革命的な党創立の問題を協議しました。会議では、金日成主席が示した''北朝鮮共産党中央組織委員会''の設立案が絶対多数の賛成で可決されました。

朝鮮革命博物館のシム・ウンスクさんのお話です。
>「チュチェ34(1945)年10月10日、金日成主席はチュチェ型の革命的な党の創立を宣言しました。朝鮮労働党の創立により、打倒帝国主義同盟の結成から始まり、長きに渡って進められた党創立の偉業はついに実を結びました」

チュチェ型の革命的な党の創立により、朝鮮人民は強力な政治的参謀部、革命の前衛部隊を持ち、党の導きの下に革命と建設を成功裏に進めることができました。ピョンヤンには、金日成主席が党創立の日々に利用した建物が在りし日の姿そのままに保存されています。

''党創立事績館''は金日成主席の不滅の党建設の業績を今に伝えています。

(偉人伝)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike190907004_102.jpg,wrap,160x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike190907004_212.jpg,wrap,192x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2019年の記事'''
#br
LEFT:[[朝鮮労働党]]、[[トゥ・ドゥ(打倒帝国主義同盟)]]、[[初の党組織―建設同志社]]、[[朝鮮労働党のルーツ―初の党組織]]、[[朝鮮労働党の歴史に輝く建設同志社]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(偉人伝 2019.10.09)
//191010_労働党を創立して

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS