#author("2020-10-15T01:59:25+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-10-04T20:26:28+09:00","default:pop hok","pop hok")
*労働党のシンボルマークに秘められた話 [#ka90c5e1]
''朝鮮労働党''を象徴する旗には''ハンマーと鎌、筆を描いたマーク''があります。このマークには偉大な金日成主席の細心の指導が秘められています。

チュチェ35(1946)年7月のある日、党の旗を制定することを発案した金日成主席は関係者たちにデザインを作る課題を与えました。その後、主席は党の旗は革命をする党を象徴して、赤い色の旗に党のシンボルマークを描くのがよいだろう、党のシンボルマークは労働者階級と農民をはじめ、勤労者大衆の団結を象徴的に反映するべきだ、と詳しいことを教えました。デザインの創作の過程に働く人民大衆の党であるという意味から、ハンマーを手にした労働者と共に土地を耕す農民を描いたデザインも創作され、また、労働者を象徴してバールを手にした炉周り工を描こうという案も出されました。

数日後、党のシンボルマークのデザインの創作の状況をまたもや把握した主席は、党のシンボルマークには必ず労働者階級と農民、知識人が一緒に描かれるべきだとし、そうするとき初めて労働党が労働者階級と農民、知識人の先進分子を網羅したわが国の勤労人民大衆の統一的な党であることを象徴的に表すことができると言い、党のシンボルマークのデザインに労働者階級はハンマーで表し、農民は鎌で表すのがよいと言いました。そして、知識人はペンで表すこともできるが、朝鮮式に筆を描くのがもっと良さそうだとその方途まで明るく示しました。

その後、ハンマーと鎌、筆の柄の端を一点に集めて扇形に広げたデザインを見た主席は構図の上でもそうだし、労働者階級と農民、知識人をはじめ、勤労者大衆が固く結集していることを象徴的に見せるためにもハンマーと鎌、筆を柄の中間の位置で互いに交差させて立てるべきだとして、その位置まで定めました。そして、真ん中に置かれる筆はハンマーと鎌よりやや上のほうに描くべきだとし、それは将来、労働者、農民も誰もが高い知識と文化を所有し、富強で文化的な自主独立国の建設に極力寄与すべきだという意味を持つとその解釈まで加えました。

党の旗を制定することを労働党を創立する上で重要なことと見なした主席は多忙ななかにもまたもや党のシンボルマークのデザインを見ました。ハンマーと鎌の柄と筆が交差するところを注意深く見た主席はデザインでハンマーと鎌の柄と筆が交差したところを今のように描くと、置かれている順番が分からない、誰もが党のシンボルマークを見て、ハンマーと鎌、筆が置かれた順番がはっきり分かるように柄と筆が区別されるよう境界線を引くべきだと言いました。そして、直々紙の上に鉛筆でハンマーと鎌を交差するように描き、交差点に筆を描いて、筆がハンマーと鎌の中心に立つようにしました。ハンマーと鎌の中心に筆を立てる、奥行きのある思想が込められたデザインでした。

このように金日成主席の精力的で細やかな指導によって、党の旗には朝鮮労働党の性格と崇高な使命をはっきりと表した党のシンボルマークが描かれました。

(偉人伝)

#ref(ike190830002_001.jpg,wrap,213x120)

RIGHT:'''2019年の記事'''
#br
LEFT:[[朝鮮労働党のマークが伝える話]]、[[党のマークが生まれるまで]]、[[労働党のマークが伝えるのは]]
LEFT:''マーク'':[[朝鮮労働党のマークが伝える話]]、[[党のマークが生まれるまで]]、[[労働党のマークが伝えるのは]]&br;
''旗'':[[朝鮮労働党の旗]]、[[朝鮮労働党の旗に秘められた崇高な志]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(偉人伝 2019.09.30)
//191002_労働党のシンボルマークに秘められた話
//191008_労働党のシンボルマークに秘められた話

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS