#author("2018-10-08T20:14:00+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2018-10-16T16:38:45+09:00","default:pop hok","pop hok")
*前途洋洋たる女子柔道選手 [#t3b7b991]
今年の6月9日から10日までモンゴルで行なわれた東アジア柔道選手権大会で、朝鮮の''キム・ジョンフン''選手が女子48キロ級で優勝しました。

ファンヘ南道((黄海南道(황해남도)))リョンヨン郡((龍淵郡(룡연군)))に生まれたキムさんの幼年時代は並々ならぬものでした。柔道選手として活躍した事のあるキムさんの母は娘をスポーツ選手に育てる思いで、幼い時から柔軟な体にする訓練など色々なスポーツ訓練をさせました。母から柔道の基礎技術を習ったキムさんは国の栄誉を轟かすスポーツ選手になる夢を抱いていました。

国の計らいでキムさんは4月25日スポーツ団に入りました。キムさんは国の配慮に金メダルで報いる一念で訓練に励みました。キムさんのコーチは適正体質で、反応速度が早いキムさんの長所を生かして、色々な技術をみっちり会得させることにポイントを置き、強度の訓練をさせました。

コーチの高い要求と科学的な指導の下に、キムさんはいかなる状況下でも主導権を握れる様々な技術を身につけるため奮闘しました。キムさんの粘り強い努力は実を結びました。

キムさんは2017年世界ジュニア柔道選手権大会の女子44キロ級で2位になりました。今年6月に行なわれた東アジア柔道選手権大会はキムさんの前途を決める契機とも言えました。

女子48キロ級に出場した選手は肉体的に準備され、国際競技の経験も豊かなので、キムさんにとっては手ごわい相手でした。48キロ級に出場した選手の中でキムさんは一番若く、シニア級も初めてでした。

しかしキムさんは初戦と準決勝をみな一本勝ちで飾り、自信満々と決勝に出ました。専門家とファンの関心を集めた決勝でもキムさんは相手を技ありで押さえ、金に輝きました。金メダルで国の栄誉を轟かし、故郷にも嬉しい便りを送ったのです。

キム・ジョンフン選手は更なる成果を上げるため、今も訓練に拍車をかけています。

(今日の朝鮮)

#ref(IKE180906022_001.jpg,wrap,106x120)

RIGHT:'''2018年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2018.10.07)
//181015_前途洋洋たる女子柔道選手

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS