#author("2022-04-23T19:35:19+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-08-06T20:00:04+09:00","default:pop hok","pop hok")
*初の革命的武力の誕生 [#ebf49e0d]
4月25日は''朝鮮人民軍創建82周年''になる歴史的な日です。この日を迎える朝鮮の軍人と人民は、先軍の総帥を戴き、無敵必勝の威容を馳せて来た朝鮮人民軍の誇らしい歴史を振り返っています。朝鮮人民は20世紀初頭、日本帝国主義に国を奪われ、奴隷生活を強いられました。国権を守り、民族を守る強い軍隊がなかったためです。ところが、日帝に立ち向かう新たな武力を自力で作れると思う人は誰一人いませんでした。

国の解放の大志を抱き、早くから革命の道に出た偉大な金日成主席は、完全武装した日帝を打ち破り、国を解放できる唯一の道は、抗日武装闘争を展開する道であることを示し、主体的な革命武力の建設を力強く導きました。主席は武力建設で人と武器を最も重要な二つの必須要素とみなし、軍事面、政治面ともに準備された優れた青年の結集に第一義的な力を入れました。また、自力で敵軍の武器を奪って武装するようにしました。

''社会科学院''の金日成主席の革命活動の歴史研究所所長の教授、博士''ソン・ドンウォン''さんと研究員''ムン・ジョンチョル''さんのお話を聞いてみましょう。
>「''チュチェ21(1932)年4月25日''は、共和国の軍人と人民にとって、本当に忘れられない日です。この日に朝鮮の真の労働者、農民、愛国的な青年からなる''反日人民遊撃隊''が創建されたのです。金日成主席が武装した強盗は武装でのみ打ち破ることが出来るということを洞察し、反日人民遊撃隊を創建したので朝鮮人民は史上初めて自分の真の軍隊を持つようになりました」

>「このようにわが軍隊はその誕生から尋常ならぬものでした。反日人民遊撃隊は怒りに燃えて立ち上がった一時的な集団でなく、火縄銃を取って独立を叫びながら三々五々集まってきた義兵や独立軍でもありませんでした。敵撃滅の揺ぎ無い意志と国の運命を必ず救う決死の覚悟、そして未来への熱い愛情に溢れる金日成主席と信念と胆力、情緒が通じ、主席と生死を共にする覚悟が出来ている熱血青年の一心同体がまさに抗日武装隊伍でした」

金日成主席の導きの下、誕生を宣言した朝鮮の革命的武力は、「無敵皇軍」を自称した「アジアの盟主」に痛撃を与えました。あくどい日帝にせん滅的な打撃を与えた東寧県城戦闘、撫松県城戦闘、ポチョンボ戦闘、間三峰戦闘、西崗戦闘、紅旗河戦闘、大沙河戦闘などは侵略者を手痛くやっつけた痛快な戦闘です。抗日武装隊伍は、一行千里の戦術、奇襲戦、誘引待ち伏せ戦、焚き火の中の爆弾戦など千変万化の戦術で目覚しい戦果を上げました。こうした不抜の革命的武力があったので暴悪な帝国主義の強敵日帝を撃滅し、国の解放の歴史的偉業を実現しました。

朝鮮人民の初の革命的武力である反日人民遊撃隊の伝統を受け継いだ朝鮮人民軍はアメリカの侵略を退ける1950年代の3年間の祖国解放戦争でも勝利を収めました。両帝国主義強敵を打ち破る過程に、朝鮮の革命的武力は必勝不敗の武力になりました。偉大な金正日総書記によって朝鮮の革命武力はさらに強まりました。朝鮮人民軍は帝国主義者の執拗な押しつぶし策動の中にも、いささかの動揺もなく、国と人民、社会主義をしっかり守りました。

チュチェ87(1998)年、アメリカは共和国を侵略するための戦争挑発に又もや、熱を上げました。湾岸地域と多くの国々に対する武力干渉で極度に傲慢になったアメリカは、朝鮮でもその強権と専横が通じると思っていました。アメリカはすでに総書記に送ったアメリカ大統領の保証書簡の骨子をかなぐり捨て、核のことで共和国にプレッシャーをかけてきたばかりか、共和国に対する戦争シナリオを完成したとの報道と侵略的な戦争シナリオまでマスコミに公然と公開しました。

戦争の目的と戦争挑発の方法、その遂行段階と方式、投入される兵力の規模と構成まで明白に反映した戦争シナリオ「''作戦計画5027''」は、厚顔無恥さと危険性からみて前例のないものでした。世界が息を殺して戦争間際の朝鮮を注視しているとき、朝鮮人民軍総参謀部スポークスマンの声明が発表されました。アメリカが挑むなら容赦ないせん滅的打撃で答えるとの英雄的朝鮮人民軍の断固たる軍事的対応に、アメリカは茫然自失しました。

まさに、朝鮮の革命武力の前にいかなる強敵もすくみ上がる今の現実は、金正日総書記の先軍指導の輝かしい結実です。抗日の日々に初の革命的武力が生まれた時から80数年、無敵の革命強兵に育った朝鮮人民軍は、非凡な軍事的知略と強い胆力を持つ敬愛する金正恩最高司令官の導きの下、社会主義の防衛と強盛国家建設でいつも勝利だけを轟かすでしょう。
//IKE140315005_12.jpg
//IKE140315005_22.jpg
//IKE140315005_32.jpg
//IKE140315005_42.jpg
//IKE140315005_52.jpg

RIGHT:'''2014年の記事'''
#br
----
//*初の革命的武力の誕生2
''チュチェ21(1932)年4月25日は朝鮮で初の革命的武力が創建''された日です。

今、朝鮮人民は革命強兵として名をはせる人民軍の誇らしい姿を通して、85年前、初の革命的武力である''反日人民遊撃隊''が誕生した忘れえぬ日を思い起こしています。

反日人民遊撃隊は偉大な金日成主席により創建されました。中国東北地方の安図というところの森で反日人民遊撃隊創建の儀式がありました。この日、軍服を着た隊員たちを眺める主席の目の前には遊撃隊を作るために尽くした忘れえぬ日々のことが浮かんできました。

主席はこの日のために青春も、生命もためらうことなく捧げた熱血の戦友たちを思い起こし、今日、われわれは日帝に反対する武装闘争を展開して、強盗そのものの日本帝国主義者を打ち倒し、祖国解放の歴史的偉業を達成するために反日人民遊撃隊を組織するという演説を行いました。

反日人民遊撃隊の創建を宣言する主席の声が響き渡るや隊員たちは万歳の歓呼を上げ、人々は熱狂的な拍手を送りました。歓呼する人々に手を振って答えた主席は、皆が祖国解放の歴史的偉業を達成するために革命の赤い旗をさらに高く掲げ、日帝に反対する武装闘争を力強く繰り広げようと呼びかけました。

万歳の叫び声は果てしなくこだましました。

それは朝鮮民族が願ってやまなかった革命武力を創建した民族の英雄、世に稀な青年将軍の偉大な金日成主席への感謝の表れでした。

#ref(IKE170314012_001.jpg,wrap,186x120)

RIGHT:'''2017年の記事'''
LEFT:[[朝鮮人民軍]]、[[作戦計画5027]]&br;
''反日人民遊撃隊'':[[反日人民遊撃隊の創建に際して>金日成19320425]]&br;
[[15年間の抗日戦争]]、[[またといない先軍の総帥を戴いて]]、[[安図の春]]、[[輝く生涯]]、[[革命的武装組織のルーツ朝鮮革命軍]]、[[革命武力の礎を築いた不滅の業績]]、[[革命武力建設の歴史に特筆すべき出来事]]、[[鋼鉄の総帥金日成大元帥]]、[[抗日大戦を宣言した歴史的会議]]、[[抗日武装闘争の宣言]]、[[朝鮮の栄光(朝鮮人民軍創建)]]、[[朝鮮の母カン・バンソク女史]]、[[朝鮮の母]]、[[朝鮮解放の恩人]]、[[熱血の革命家の輝かしい人生]]、[[熱烈な愛国で輝く生涯]]、[[初の革命武力の誕生]]、[[初の革命的武力]]、[[不屈の革命家キム・チョルチュ同志]]、[[歴史的なワンジェ山会議]]
[[15年間の抗日戦争]]、[[またといない先軍の総帥を戴いて]]、[[安図の春]]、[[輝く生涯]]、[[革命的武装組織のルーツ朝鮮革命軍]]、[[革命武力の礎を築いた不滅の業績]]、[[革命武力建設の歴史に特筆すべき出来事]]、[[鋼鉄の総帥金日成大元帥]]、[[抗日大戦の宣言]]、[[抗日大戦を宣言した歴史的会議]]、[[抗日武装闘争の宣言]]、[[朝鮮の栄光(朝鮮人民軍創建)]]、[[朝鮮の母カン・バンソク女史]]、[[朝鮮の母]]、[[朝鮮解放の恩人]]、[[熱血の革命家の輝かしい人生]]、[[熱烈な愛国で輝く生涯]]、[[初の革命武力の誕生]]、[[初の革命的武力]]、[[不屈の革命家キム・チョルチュ同志]]、[[歴史的なワンジェ山会議]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//140425_初の革命的武力の誕生
//170423_初の革命的武力の誕生2
//170425_初の革命的武力の誕生2

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS