#author("2020-10-15T01:56:44+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2020-10-15T01:57:33+09:00","default:pop hok","pop hok")
*党のマークが生まれるまで [#n30622e7]
朝鮮労働党のマークです。

ハンマーと鎌、筆は、労働党を構成する労働者階級と農民、知識人を象徴します。そして、ハンマーと鎌、筆を一点で交差させて立てたのは、勤労人民大衆の統一団結を意味します。朝鮮労働党のマークは、党を創立した偉大な金日成主席の深い関心と細かい指導の下に完成されました。

チュチェ35(1946)年、夏のある日、金日成主席は党のマークの草案を見て、労働党のマークには必ず労働者階級と農民、知識人が共に描かれるべきだ、そうなれば勤労人民大衆の統一的党であることが象徴的に表れるだろう、労働者階級はハンマーで、農民は鎌で、知識人はペンで表せるが朝鮮式に筆で描くのがもっと良さそうだと言いました。

その後、数回に渡って修正されたマークの図案を見て、主席はハンマーと鎌、筆の位置も定め、中心に置かれる筆はハンマーと鎌よりやや上に置くべきだ、それはこれから先、労働者、農民誰もが高い知識と文化を身につけ、富み栄える文明度の高い自主独立国の建設に大きく寄与すべきだとの意味を持つと教えました。

こうして、朝鮮労働党の固有な性格と崇高な使命をはっきりと象徴する党のマークが生まれました。

(フィーチャー)

#ref(ike200916006_112.jpg,wrap,163x120)

RIGHT:'''2020年の記事'''
LEFT:[[朝鮮労働党のマークが伝える話]]、[[党のマークが生まれるまで]]、[[労働党のマークが伝えるのは]]、[[労働党のシンボルマークに秘められた話]]
#br
LEFT:[[朝鮮労働党のマークが伝える話]]、[[労働党のマークが伝えるのは]]、[[労働党のシンボルマークに秘められた話]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(フィーチャー 2020.10.07)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS