#author("2017-03-25T15:14:04+09:00","default:pop hok","pop hok")
*光明星賛歌 [#v1ec211d]
「''光明星賛歌''」は、偉大な金日成主席が偉大な金正日総書記を称えて書いた詩です。金正日総書記が誕生し、幼年時代を送ったペクトゥ山((白頭山(백두산)))の秘密のベースキャンプの丸太小屋の庭にこの「光明星賛歌」を刻んだ石碑が建てられています。ここを訪れる人々は誰もがこの石碑の前で厳かな雰囲気に包まれて詩を詠んで見ます。

チュチェ81年、1992年2月16日の朝のことです。金日成主席は、今日は、金正日同志の誕生50周年の日です、前から何をプレゼントしたものかと考えてきたのですが、頌詩((しょうし【頌詩】 ほめたたえる詩。'''(大辞林第三版の解説)'''))を一首書いて上げようと思いたちました、と言いました。そして、筆を手にして日ごろ胸にしまっておいた称賛の言葉を選り出して「光明星賛歌」としたためました。
>ペクトゥ山頂に正日峰そそり立ち&br;
ソベクス((小白水(소백수)))の碧き流れ よどみなし&br;
光明星誕生し いつしか50年&br;
文武忠孝兼備せるをこぞって称えけり&br;
万民称賛の心 ひとしくて&br;
歓呼の声 天地を揺るがす&br;
1992年2月16日&br;
金日成

主席は、筆を手にしたまま、至らぬ点はないかと見直しました。そして静かに詠みました。その場の人たちも粛然として静かに詩を詠んでみました。''美術アトリエセンター・マンスデ創作社''の石彫刻創作団の労働英雄称号を受けた''リ・ドソプ''団長はこう話しています。
>「もう20年余りも前のことですが、頌詩に接した時、私たちはみな歓声を上げました。一字、一字かみしめるほど、金正日総書記の偉大さがそのまま伝わって来ました。その深い意味に魅せられ、私たちは人民軍軍人と人民みなの尽きない敬慕の念を込めて図案をつくり、石碑に一字、一字刻みました。感激に包まれていたその日のことがありありと浮かんで来ます」

金正日総書記を称えて金日成主席が書いた「光明星賛歌」は、いついつまでも伝えられるでしょう。
//IKE130109012_12.jpg
//IKE130109012_22.jpg
//IKE130109012_32.jpg

RIGHT:'''2013年の記事'''
LEFT:[[万寿台創作社]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS