#author("2017-08-26T15:17:09+09:00","default:pop hok","pop hok")
*先軍革命指導の初の足跡 [#a5920fec]
チュチェ49(1960)年8月25日は偉大な金正日総書記が先軍革命指導の初の足跡を印した日です。

朝鮮では毎年この日を''先軍デー''として有意義に記念しています。今、朝鮮の軍隊と人民は先軍の威力で革命と建設を推し進めてきた金正日総書記への最大の栄光と感謝の念を胸に歴史のその日を思い起こしています。

チュチェ49(1960)年8月25日、金正日総書記は偉大な金日成主席とともに''朝鮮人民軍近衛ソウル・リュギョンス第105戦車師団''を訪れました。この日、総書記は軍人会館の玄関の上に掲げられた「敬愛する金日成同志を首班とする党中央委員会を生命を賭して守ろう!」というスローガンの前で足を止めました。

スローガンを通して軍人たちの精神を見計らった総書記は、このスローガンは人民と人民軍軍人のゆるぎない信念をそのまま示しているよいスローガンだとし、スローガンを一つ掲げても人の胸を打つものを掲げるべきだ、スローガンを見ても部隊の政治活動がうまく行われていることが分かるといいました。

そして軍人皆がこうした思想的覚悟を持つべきだとし、われわれはこれからも「敬愛する金日成同志を首班とする党中央委員会を生命を賭して守ろう!」というスローガンを高く掲げてチュチェの革命偉業の最終的勝利を早めるべきだといいました。総書記の教えは部隊の軍人皆に指導者を決死の覚悟で守る意志をさらに深く刻み付けました。

この日、総書記は朝鮮をいかなる敵も手出し出来ない必勝不敗の軍事強国に打ち固める決心を示しました。歴史に輝くこの日は人民軍を永遠に金日成主席の軍隊、党の軍隊に発展させようとの先軍の総帥の意志を明らかにした意義深い日でした。

総書記は歴史のその日から数十年間、先軍革命指導を続けて朝鮮を不抜の軍事強国につくりました。

意義深い先軍デーと共に人民軍は指導者を決死の覚悟で守ることを第一の生命とするペクトゥ山の革命強兵の威容を轟かせており、指導者の軍隊、党の軍隊、人民の軍隊としての歴史的使命を果たしています。

#ref(IKE170719011_001.jpg,wrap,156x120)

RIGHT:'''2017年の記事'''
LEFT:[[先軍政治]]、[[朝鮮人民軍]]、[[第105戦車師団]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS