#author("2022-08-12T19:53:03+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-08-28T20:24:27+09:00","default:pop hok","pop hok")
*健気な青年たちだと言って [#s97a1e61]
''呉英淑''(オ・ヨンスク):朝鮮の農村には多くの''青年作業班と青年分組''があります。最初の青年分組はチュチェ66年(1977)8月、当時の平安南道の安州市の新安州女子高等中学校の卒業生から成っていました。これを見習って農村に進出する青年が日増しに増えました。

その中には当時の陽徳郡の隠下高等中学校の27人の卒業生もいました。この陽徳郡は辺鄙な山奥に位置していましたが、皆が生まれ故郷を住み良い文化農村につくる思いで胸を燃やしていました。

陽徳郡の隠下里、この隠下里は偉大な金日成主席が訪ねた所でした。1945年、朝鮮が解放されてから2年が経った或る日、金日成主席はここの住民の暮らし向きについて見聞きし、隠下里が豊かな里になる為の詳しい方向付けをしました。そして「平野部の人に劣らぬ生活が出来れば、きっと自分に手紙を書くように」と言いました。

例の青年達は農業を立派に営んで、山間部の住民の暮らし向きの事で主席にこれ以上心配をかけまいと思い農場に進出したのでした。農場で青年分組を組んで働き始めた青年達は、20ヘクタール以上の石だらけの畑を緑野に開墾して初年度に最早多くの収穫を出し、この事を主席に手紙で報せました。

手紙を嬉しく受け取った主席は「本当に健気な青年達だ、これを高く評価する」という返事を送りました。その手紙は山奥の青年分組員達を大いに励ます力となり、それはそのまま穀物増産へと繋がりました。

青年分組員達への主席の思い通りに、偉大な金正日国防委員長も青年たちを心から思い遣りました。それで青年達は何度も全国農業大会に参加し栄光の記念写真の撮影にも加わりました。隠下里の青年達は国中に広く知られました。

その後、国防委員長は農村を訪ねる度に青年作業班と青年分組の活動に深い関心を持って、青年達が成果を収めた時は誰よりも喜びました。また折に触れて「穀物の生産で基本はヘクタール当たりの収量を高める事だ。これは主席式の計算方法だ」として、「青年達が先駆けにならなければならない」と強調しました。

その時から長い歳月が経ちました。今も新しい時代の青年達は農村で初の青年分組を立ち上げた時の青年たちのように、米を多く生産する事で国を支える熱意を信じています。

敬愛する金正恩総書記は、何が何でも農業を上手く営んで朝鮮を米が有り余る国、全ての農村を文化的な社会主義の理想郷につくる構想を〓〓〓〓〓。

総書記の構想を先頭で実現するのは朝鮮の青年達です。

RIGHT:'''2022.08.07 短波放送の聞き書き、一部不明'''
----
-2022.08.07 [[朝鮮中央通信社が詳報を出しました>vok220807#ha8c6235]]
----
#include(vok_navi01,notitle)
//220807_健気な青年たちだと言って
//220827_健気な青年たちだと言って

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS