#author("2017-06-12T01:35:06+09:00","default:pop hok","pop hok")
偉大な母の許に私たちが住んでいます
#author("2017-06-12T01:37:16+09:00","default:pop hok","pop hok")
*偉大な母の許に私たちが住んでいます [#eebdc73a]
共和国のハムギョン南道((咸鏡南道(함경남도)))ヨングァン郡((栄光郡(영광군)))に住む日本人女性''リム・ギョンシム''さんの手記です。

>「私の生まれ故郷は北海道です。11歳のときのチュチェ50(1961)年に母と一緒に朝鮮人である父について朝鮮に来ました。朝鮮に住み着いた数十年間、その間、感じたことと言いますと、この地に住む人誰もが朝鮮労働党を母と呼んで慕っているということです。これは実生活を通して痛感したことです。

>世界の人々皆が知っていますが、1990年代後半、朝鮮人民は帝国主義者の悪辣な共和国押しつぶし策動と相次ぐ自然災害のため、歴史にかつてない試練をなめていました。我が家の生活もとても苦しい状況でした。しかし、それにも増して私を悩ませたのは夫が亡くなった後、長男の''チョルホ''が国に罪なことをしたことでした。恩知らずの息子を産んだということで、私自身が憎らしく思われるほどでした。許しを請うには余りにも重罪で、私は毎日のように涙ともどかしさの中で夜を明かしていました。

>胸の中のこの悩み事を推し量ってくれたのはありがたい朝鮮労働党でした。労働党では過ちを心から悔いる息子を信じて罪状を白紙に戻し、一日も早く人生の新しいスタートを切るよう手をとって導きました。息子が勤める企業の党の委員長も、支配人も、また友達もチョルホのために気を配り、あたたかく見守りました。

>その中でチョルホは仕事熱心なものに、分組長に、青年同盟の活動家に成長し、願って止まなかった朝鮮労働党の党員になりました。朝鮮労働党の党員は共和国の人誰もが願っていることですが、そう簡単に与えられることではありません。息子にとってはそれが身に余る光栄でした。党員の証書をもらった日、チョルホは子供のようにこの母の胸に抱きついて泣きじゃくりました。私も感激して涙を流しました。

>私は熱い思いを込めて敬愛する最高指導者金正恩元帥に手紙を差し上げました。手紙を見た元帥は直筆の返書を送りました。それは確かに心の中の悩み事もすべて推し量る優しい母、病気の子にもっと心を尽くす思慮深い母の愛情そのままでした。わが家では元帥の直筆を壁にかけておきました。毎日、その直筆を仰ぐと、その一つ一つのくだりが元帥の優しい声となって耳元に聞こえてくるようです。

>まさにこの地に住む人みなを差別することなくあたたかく顧みる偉大な母、朝鮮労働党の許に私が住んでいます。いや、朝鮮人民皆が住んでいます。」

#ref(IKE170425001_001.jpg,wrap,150x120)

RIGHT:'''2017年の記事'''
LEFT:[[私たちは偉大なる母の許で暮らしています]]、[[母と呼び慕う]]、
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS