#author("2017-03-11T02:03:39+09:00","default:pop hok","pop hok")
*偉人を称える不滅の頌詩 [#hf89eaa2]
意義深い2月を迎える朝鮮人民誰もが心から詠んでみる詩があります。それは、偉大な金日成主席が金正日総書記の誕生50周年を祝ってつくった頌詩((しょうし【頌詩】 ほめたたえる詩。'''(大辞林第三版の解説)'''))「''光明星賛歌''」です。

チュチェ81(1992)年2月16日を何日か後に控えたある日のことです。金日成主席は側近の人に、金正日同志の誕生日に何をプレゼントしたらよいだろうか、と聞きました。しかし、その人も名案が浮かびませんでした。

しばらく考えを巡らせていた主席は、金正日同志はソベクス((小白水(소백수)))のせせらぎと銃砲の音を聞きながら育ち、秘密のベースキャンプの泉で喉を潤し、軍服に包まれて成長したのだから、たしかにペクトゥ山((白頭山(백두산)))の精気を身につけたペクトゥ山の息子だ、ペクトゥ山は金日成のペクトゥ山であると同時に金正日のペクトゥ山だと言いました。

やがて2月16日の朝が明けました。朝早く執務室に出た主席は、今日は金正日同志の誕生50周年の日だ、前から何をプレゼントしたものかと考えてきたが今朝になって頌詩一首が思い立ったと言いました。そして、筆を取ると一字一字したためました。

>ペクトゥ山頂に正日峰そそり立ち&br;
ソベクスの碧き流れ よどみなし&br;
光明星誕生し いつしか五十年&br;
文武忠孝兼備せるをこぞって称えけり&br;
万民称賛の心 ひとしくて&br;
歓呼の声天地をゆるがす&br;
1992年2月16日&br;
金日成

主席は日付と名前まで書き終えると、筆を手にしたまま至らぬ点がないかを確かめて、出来上がった詩を静かに詠みました。主席の高貴な思いが託された誕生日祝いの頌詩を手にした総書記は、主席が作ったこの詩は私にとって最大のプレゼントだ、この頌詩の一節一節を心に刻み、今後とも、革命に一層忠実であることを誓う、といいました。

頌詩「光明星賛歌」は、偉大な金正日総書記が誕生したペクトゥ山密営の石碑に刻まれ、今日も人々の感動を誘っています。
//IKE140115035_12.jpg

RIGHT:'''2012年の記事'''
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//140215_偉人を称える不滅の頌詩
//140218_偉人を称える不滅の頌詩


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS