#author("2019-06-15T15:39:34+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2019-06-16T12:43:00+09:00","default:pop hok","pop hok")
*偉人の下で輝く朝鮮画 [#h7c8b294]
''マンスデ創作社''の朝鮮画創作団の美術家、''功労芸術家の称号''を受けた''チョン・ドンヒョク''さんの手記です。
「私は絵描き一家の一員で、家族の皆は朝鮮画が大好きです。父の''チョン・ヨンマン''も生涯を通して朝鮮画を描き、私も数十年間、美術アトリエセンターであるマンスデ創作社の朝鮮画創作団で絵を描き、息子もやはり朝鮮画を習っています。つまり3代にわたって朝鮮画と縁を結んでいるわけです。

世界の人々は、朝鮮画は力が感じられ、美しく高尚な絵画形式、優れた筆使い、線と彩色の神秘なまでの調和は、どの絵画にも見られないものだと感嘆しています。そう言われるたびに朝鮮画の画家という誇りを胸いっぱい感じています。そして生前、父が言っていたことが思い起こされます。偉大な指導者、偉大な党の指導があって、民族絵画である朝鮮画が輝くものだと。

振り返ってみますと、チュチェ53(1964)年6月19日、朝鮮労働党中央委員会で活動を始めた偉大な金正日総書記の指導の下に映画と文学、歌劇と演劇、音楽と舞踊、美術とサーカスなど文学芸術の各分野では目覚しい発展が遂げられました。当時、金正日総書記は朝鮮人民の美観に合う朝鮮画の新たな境地を開く構想を温めていました。

チュチェ61(1972)年、晩秋のある日のことでした。父は当時のカンソン製鋼所に行って見ましたが、夕焼けがとても美しく、それを見事に描けば優れた作品になれると言った総書記の言葉を伝え聞きました。父は創作の熱意で全身が燃え滾るようでした。製鋼所に行った父は1ヶ月間も夕焼けを観察し、草案を完成しては、戻って来て夜を日に次いで作品の創作に心魂を傾けました。

鋼鉄で国を支える炉周り工の熱い衷情の思いがそのまま映えているかのように炎のように燃え上がるカンソンの夕焼け!

作品を見た総書記は素晴らしいと言い、その後も機会あるごとに''朝鮮画『カンソンの夕焼け』''は名作だと高く評価しました。作品の創作を発案し、その種子を与えただけでなく、完成にこぎつけるまで詳しく指導した総書記ですが、それが実を結んだ時はその成果をすべて父のものにしました。この作品は国際美術展でも大きな波紋を投じました。

朝鮮画『カンソンの夕焼け』と共に普通の画家だった父の名は広く知れ渡りました。その後も金正日総書記は父が新しい作品を創作するたびに深い関心を持って、完成へと導きました。その許で父は百数十点の国宝の価値を持つ作品を手がけ、''金日成賞''と2度の''労働英雄称号''、''人民芸術家の称号''を受けました。

これは父に限ったことではありません。金正日総書記は多くの朝鮮画を見て評価し、何度もマンスデ創作社を訪れて朝鮮画をその特性に合わせてさらに発展させることを教えました。その精力的な指導によって人民の幸せな生活と英雄的奮闘振り、沸き立つ現実を見せる色々なテーマの朝鮮画が多く創作され、朝鮮画は朝鮮の美術の代表格となりました。

朝鮮画の歴史はとても古く、紀元前277年から紀元668年まで存続したコグリョ、高句麗時代の壁画古墳は朝鮮画の悠久さと優れた点を今に伝えています。しかし歴史が古く、伝統があるといって輝きを増すのではありません。偉大な指導者の導きがあって、民族絵画の朝鮮画も輝き、私たち美術家の才能と人生も輝くものです。朝鮮民族の誇りである朝鮮画は今、敬愛する最高指導者金正恩委員長の精力的な指導によって絶えず発展しています」

(今日の朝鮮)

#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike190507038_001.jpg,wrap,203x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike190507038_002.jpg,wrap,322x120)
}}
#style(addstyle=float:left;margin:5px;){{
#ref(ike190507038_003.jpg,wrap,277x120)
}}
#style(style=clear:both;,end)

RIGHT:'''2019年の記事'''
LEFT:[[万寿台創作社]]、[[画家の家庭の幸福]]、[[朝鮮画「カンソンの夕焼け」]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(今日の朝鮮 2019.06.14)
//190615_偉人の下で輝く朝鮮画

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS