#author("2022-07-30T21:06:25+09:00","default:pop hok","pop hok")
*侵略的な共謀・結託の所産「桂タフト協定」 [#e57aa512]
''カン・ソンヒ''(カン・ソニ):1905年7月29日、悪名高い「''桂タフト協定''」が締結されました。当時の日本首相''桂太郎''とアメリカ陸軍長官''タフト''は東京で会談し、秘密覚書を交わす方法でこの協定を締結しました。

協定で日本は、日露戦争での日本の勝利がフィリピンに対する侵略のプロローグになりかねないというアメリカの懸念を無くす為、フィリピンはアメリカのような強力で友好的な国に支配されるべきで、日本はフィリピンに対し如何なる侵略計画も無い事を確認しました。

またアメリカは朝鮮が日本の同意無しに外国と如何なる協定も締結出来ないようにするほどの、朝鮮に対する日本の宗主権を認める事にしました。結局日本はアメリカのフィリピン支配を支持した代償にアメリカから朝鮮での行動の自由、つまり朝鮮に対する植民地支配の自由を保障されました。

日本とアメリカは「桂タフト協定」がまるでアジアでの平和と安全の為のものであるかのように見せかけようとしましたが、これは途方も無い詭弁に過ぎません。協定はあくまでアジアでの勢力圏分割の為に朝鮮を駆け引きの物にし、他国への植民地支配を正当化した日米の共謀結託の所産であり、平和と安全の為のもので無く新たな侵略と戦争の禍根となりました。

「桂タフト協定」が不法極まりない強盗差ながらの詐欺文書である事は、この協定が極秘に附され後々になって初めてアメリカ国務省の文書庫で発見されると共に世界に知られ、日本ではその痕跡も探せなかった事からよく分かります。

「桂タフト協定」の締結で朝鮮人民は帝国主義者の餌食になり、あらゆる恥辱と受難を舐めなければなりませんでした。協定を盾に日本はアメリカの庇護の下に他の列強の干渉を受ける事無く、その年の11月、朝鮮の最高権力者である高宗皇帝の承認・国璽の捺印も受けていない不法無効の「乙巳5条約」、所謂「第2次日韓協約」を捏造して朝鮮の外交権を強奪し、1907年7月「丁未7条約」、所謂「第3次日韓協約」を捏造して朝鮮の内政権まで完全に奪い取りました。1910年8月には「韓日併合条約」を捏造しました。日帝は強盗丸出しのこの条約で朝鮮の支配権を完全且つ永遠に日本王に引き渡し、朝鮮を日本に併合するという事を決めました。

日帝は「朝鮮人は我が法規に服従するか死ぬか、その何れかを選ばねばならぬ」として、最も苛酷な植民地ファッショ支配を実施しました。大勢の無実の朝鮮人を野蛮に虐殺し、数100万人の青壮年を徴用と徴兵の名目で強制連行し、20万人の朝鮮の女性を日本軍の性奴隷にする等、断じて許せぬ特大の反人倫の罪を犯しました。日本は今も大東亜共栄圏の見果てぬ夢を見て罪深き過去を繰り返そうとしています。

日本の反動勢力が躍起になるほど、朝鮮の神聖な国土を矢鱈に踏み躙った日帝の罪悪をとことん計算しようとの朝鮮人民の意志は募るばかりです。

(世界と朝鮮―史実)

RIGHT:'''2022.07.28 サイト音声の聞き書き'''
#br
LEFT:[[アメリカと日本の侵略協調の歴史]]、[[侵略的で強盗的な「桂タフト協定」]]、[[朝鮮の自主権を蹂躙した強盗の集団]]&br;
[[桂・タフト協定>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%82%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%95%E3%83%88%E5%8D%94%E5%AE%9A]]、[[桂太郎>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%82%E5%A4%AA%E9%83%8E]] -- Wikipedia
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//(世界と朝鮮―史実 2022.07.28 サイト音声)
//220729_侵略的な共謀・結託の所産「桂タフト協定」


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS