#author("2020-10-15T02:44:02+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2021-04-21T20:09:12+09:00","default:pop hok","pop hok")
*会場で付けてあげた赤ちゃんの名前 [#f352d084]
チュチェ103(2014)年4月、ピョンヤンで''朝鮮人民軍第1回パイロット大会''が行われたときのことです。大会が終盤に差し掛かっているとき、敬愛する金正恩元帥はある航空及び対空軍部隊に勤めるパイロット夫婦を呼びました。

わけがわからず、席から立ち上がったパイロット夫婦に優しいまなざしを向けていた金正恩元帥はその夫婦の生まれたばかりの息子の名前を''リ・チュンド''にしようと言いました。その言葉を聴いた大会の参加者みなは感激に包まれました。

金正恩元帥が付けたリ・チュンドという名前には一生を通して衷情の道一筋を進むようにとの願いが込められていました。航空軍の歴史にかつてなかった有意義な大会の会場で指導者に祝福された赤ちゃん。

息子の名前を何度も繰り返して呼びながらパイロット夫婦は熱い涙を流し、元帥に心からの感謝の挨拶を述べました。そして、息子を最高司令官を決死の覚悟で守るパイロットに育てることを固く誓いました。

金正恩元帥が普通のパイロットの息子に名前を付けてあげたことには次のようないわれがありました。金正恩元帥がある航空及び対空軍部隊を視察したときのことです。

パイロットの中に夫婦共に飛行機に載っている人たちがいるということを知った元帥はとても喜び、その人たちを身近に呼んで記念写真を撮りました。栄光のその席には息子が生まれて間もない若いパイロット夫婦もいました。

元帥にまみえ、喜びに笑ったり、泣いたりしながら写真を撮った妻のパイロットは気兼ねすることなく、息子が生まれてまもないが、名前をつけてくださいと言いました。元帥は赤ちゃんの名前を付けようなら、父親の名前を知らなくては、と言い、夫のパイロットの名前を聞きました。元帥はその後、国の全般を省みる多忙な中にもパイロット夫婦とした約束を忘れずに、意義深い大会の時、赤ちゃんに名前を付けてあげたのです。

パイロット夫婦を祝って明るく微笑む最高司令官と最高司令官を仰いで感謝の挨拶を述べるパイロット夫婦。指導者と戦士の間の渾然一体の関係がどんなに固いものかを見せる崇高な場面でした。

金正恩元帥を仰ぎ、パイロットのみなはどんなに優しく偉大な指導者を最高司令官にいただいているかを強く感じました。

RIGHT:'''2015年の記事'''
#br
LEFT:[[祝福されたパイロット夫婦]]、[[祝福を受けた赤ちゃん]]、[[名付け親となって]]、[[名づけ親になって]]
LEFT:[[パイロット一家の栄光]]、[[思想万能論]]、[[祝福されたパイロット夫婦]]、[[祝福された英雄の息子]]、[[祝福を受けた赤ちゃん]]、[[代を継いで空を飛ぶ]]、[[名づけ親になって]]、[[名付け親となって]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS