#author("2021-08-23T19:11:54+09:00","default:pop hok","pop hok")
#author("2022-12-12T22:01:44+09:00","default:pop hok","pop hok")
*代を継いで最高司令官に恵まれています [#a5f086ff]
''朝鮮民主女性同盟中央委員会''の''チェ・ミョンオク''さんの手記をお送りしましょう。
>「朝鮮人民軍将校だった私が除隊して早いもので十数年が経ちました。中央機関の幹部になった今も人々は私のことを『''柿の木の中隊の中隊長''((第4302軍部隊傘下のカムナム(柿の木)中隊。東海岸にある女性対艦砲部隊。))』と親しく呼んでいます。そのたびに、国中に広く知られた柿の木の中隊で中隊長を勤めていたときのことが感慨深く振り返られます。

>夢にも会いたかった金正日総書記が人民軍の女性の海岸砲兵の中隊である私たちの中隊を訪れたのはチュチェ84(1995)年2月2日でした。中隊長だった私を始め中隊の軍人は感激に包まれていました。総書記は私たちの訓練と素朴な芸術公演を見て軍人の生活を細やかに思いやりました。寝室の温度加減や窓の大きさにまで関心を払う総書記の姿は優しい父の姿そのものでした。

>別れを惜しむ私たちを見て、柿の実る季節に又来るとの約束も残しました。中隊を経った後も総書記は重ねて熱い温情を寄せました。その日々に私たちはみなが百発百中の砲射撃の名人、海岸を守る砲兵に、たくましい女性の革命家に成長しました。総書記の兵士への思いやりは募るばかりでした。

>柿の木の中隊の軍人に残した約束を守って又もや中隊を訪れた総書記は私を始め他の所に移った軍人と新兵にいついつまでも伝えるべき温情を施しました。そして、晩年に何度も柿の木の中隊の軍人の芸術公演を見ました。

>チュチェ101(2012)年8月、敬愛する金正恩元帥が柿の木の中隊を訪れたニュースは私に強い衝撃を与えました。元帥は真夏の暑さをものともせず、兵士一人一人を傍に立たせ、一緒に記念写真を撮りました。

>金正日総書記が歩んだ道をそのまま歩み続ける金正恩元帥の姿を仰ぎ、私は代をついで最高司令官に恵まれていると痛感しましたた。金正恩元帥を最高司令官に戴いた朝鮮人民軍はいつも勝利だけを轟かす無敵必勝の強兵になることでしょう」

RIGHT:'''2015年の記事'''
#br
LEFT:[[ペクトゥ山の偉人たちと柿の木の中隊]]、[[いつも兵士たちと共に]]、[[その日のことが忘れられません(キム・ソンミ)]]、[[柿の木の中隊]]、[[柿の木の中隊と共に]]、[[柿を手にして写真を撮る]]、[[萎れないハマナスの花のように]]、[[女性活動家への信頼]]、[[女性兵士が歌う歌]]、[[女性兵士たちの写真]]、[[女性兵士に注がれた愛情]]、[[代を継いで最高司令官に恵まれました]]、[[天が授けた偉人たちを戴いて永遠なる朝鮮の青年デー]]、[[張り合いある兵士時代を思う]]、[[引き継がれる先軍の道]]、[[不世出の偉人たちの許で]]、[[双子の兄妹にまで]]、[[恵まれた女性の兵士]]
LEFT:[[ペクトゥ山の偉人たちと柿の木の中隊]]、[[いつも兵士たちと共に]]、[[その日のことが忘れられません(キム・ソンミ)]]、[[柿の木の中隊]]、[[柿の木の中隊と共に]]、[[柿の木の中隊の時代をいつも忘れません]]、[[柿を手にして写真を撮る]]、[[萎れないハマナスの花のように]]、[[女性活動家への信頼]]、[[女性兵士が歌う歌]]、[[女性兵士たちの写真]]、[[女性兵士に注がれた愛情]]、[[代を継いで最高司令官に恵まれました]]、[[天が授けた偉人たちを戴いて永遠なる朝鮮の青年デー]]、[[張り合いある兵士時代を思う]]、[[引き継がれる先軍の道]]、[[不世出の偉人たちの許で]]、[[双子の兄妹にまで]]、[[恵まれた女性の兵士]]
#br
----
#include(vok_navi01,notitle)
//151230_代を継いで最高司令官に恵まれています

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS